これで何度目?

ダンナも本人もあまり驚かず

冷静に携帯を分解し始めるほどの頻度です。

あーははは。