今年の初めにこのブログ上でGrobal Brigades

といいう学生で構成されたボランティア団体に

募金をお願いしたことがありました。


その話を覚えていて下さった方から

先日メッセージを頂きましたので、遅くなりましたが

その報告として、この6月、長女がボランティアとして

ホンヂュラスにでかけた時の写真をアップしたいと思います。

ボランティアの目的は、子供達に安全な水を与えるためです。







まず、長女が行動を共にした仲間の写真 (右端が娘)

真ん中は、学生達をいつもガードして
くれていた現地の兵士さん

(銃を持っている・・・えっ?)




そして滞在したのはこんな村




ですが、学生の泊まったのは・・・・






普通のホテルで快適だったらしい。


この写真は中庭




護衛さんはいつも一緒だ。





そしてお仕事は・・・・・









と、結構ちゃんとしたようだ。


が、筋肉の無い我が娘がどれだけ
助けになったのかは・・・・疑問???

上の写真は違う女の子だよ。
娘はもっぱらカメラマンしてたのか?



それから地元の学校を訪問して子供達とも交流した。


みんなとっても素直でかわいかったらしい。




最後に現地の農家の人が「お茶飲んでって」

とみんなを招いてくれて、裏庭でとれたコーヒー豆を

その場で煎って飲ませてくれたんだって。

それがまた美味しくて、「これがコーヒー?」

と思ったそうだ。そしてアメリカに帰って来てからも

その味が忘れられないそうだが、未だにあの味に

匹敵する味には巡り会えていないとか・・・・・


それだからなのか? なんなのか・・・

娘は、また来年も行きたいとか言うので、

「ボランティアしに行くために2000ドルももう払えん!」

と言ったら、大学卒業したら一年滞在ボランティアをやりたい

それなら滞在費はタダになるから・・・

とかなんとか頭の痛いことを言いだす始末。




止めてくれ〜〜〜もう危ないからさぁ!


・・・・・・・それに・・・・・・・・


あんたそれでなくても婚期が遅れそうなタイプなんだよ!