という展開に、書いた本人も

とってもショックを受けておりました。



「あ・・あたしってメッチャ悪いヤツだったんだ

後でお姉ちゃんに謝っとこ・・・」