遅くなりましたが、年末年始にかけて

娘と3人で行ってきた約3週間の

『ダンナ抜き楽しい日本滞在記』を

ボチボチ綴っていきたいと思います。

よろしければお付き合いくださいませ。



********************



12月20日









いや〜驚きました。

JALのスチワーデスさん(古い言い方)

は、とってもやさしくおきれいなんですが、

みんな体が細い、細い。

私は167センチあるオバさんなので

彼女達が小さくかわいく見えちゃって、

思わずかわいそうで頼めなかった。

あれじゃー緊急着陸の時だって男の人なら

「スチワーデスさん先に逃げて!」って

言ってしまうかも・・・。




それに比べてアメリカのスチワーデスは頼もしい!

今回もコロンバスからシカゴへ行く飛行機が小さくて

荷物が棚からこんなふうに飛び出してたんだけど、






乗客のおじさんなんてそれはあんたの仕事でしょ

みたいに知らん顔。

これを見ていた私はてっきりどこかに

入れ替えるのかと思いきやそのスチワーデスは・・・







「メイビー・メイビー」とか言いながら閉め出して、


最後には・・・







って、無理矢理押し込んじゃうもんね。

誠にあっぱれでございました。



でもちょっと飛行機がかわいそうだった・・・。





日本滞在記、つづきます。