そして。。。。







話を聞くと、アメリカの子供たちの多くは、

小学校5、6年生の頃から自分でお弁当をつめてくるそうだ。

でも中身はもちろんピーナッツバター&ジェリーサンドだったり、

丸ごとリンゴとかバナナとヨーグルトを入れるだけ

だったりするので簡単らしいが、それでも偉い。


私はついつい過保護親ばかになってなんだかんだやってしまう。

と言っても大したサンドウィッチを作ってるわけではないのだが、

子供の友達の間では「春子ママサンドウィッチ」と呼ばれ一目置かれているらしい。(笑)

そして次女が持って行くサンドの1/4を5ドルで買うと言った子も

いたとか(はぁ??)「でどうしたの?」と聞いたら、さすが次女、

「あたしも食べたかったから、もちろんノーって断ったよ。」だって、

食い意地張ってるよね。



そしてそのサンドはこんな普通の感じ。



写真は以前のを使いました。だっていつも同じような感じだから



そしてその作ってくれたというスカートはこれ。



ちゃんとサンドウィッチでお返しできたかなぁ?