ダイエット(1)はここ


ダンナと喧嘩した話の続きです。

あの後ちょっと言い合いになったんですが、

これ以上言うとヤバイ雰囲気になったので、

お互い黙って違う部屋に入って行きました。


そしてまだ文句を言い足りずムカついていた私は、

この部屋へと向かったのでした。






普段は私の文句を「ふんふん」と言いながら、

上手く頭を素通りさせて聞き流してくれるんだけど、

今回はテストがあったので追い出されてしまいました。

それで仕方なくシロちゃんに。。。




と一方的に話して気持ちを整理させました。

一方的でも話すとすっきりするし「ダンナも体の調子が悪くて

苦しそうだったからかわいそうだったかなぁ」

とちょこっとだけ反省もできました。



そしてその夜はダンナと殆ど口をききませんでしたが、

次の日からは今まで通りに、私は制限された

食事を作ってやってダンナは「ありがとう」と言って

食べております。終わり。