お久しぶりです。

なんだか引っ越しの話もとぎれとぎれになっていますが、


その1はここ


今回は、不動産屋さんを通して家を売りに出した時の話です。



インターネットや新聞にいったん「家を売ります」というお知らせを出すと

たくさんの人が家を見に来る。そしてその人達が来る時間は

バラバラで朝だったり昼だったり夜だったり、向こうの都合で決めて来る。

そして私たちにその知らせが入るのは、その当日の数時間前だったりする。

もちろん断ることもできるのだが、売り手である私たちは家を早く売りたいし

たくさんの人に来てもらいたいので無理な時間を言われても

なかなか断る事ができないのよね。。。


だから言われたら素早く家をキレイにして、お客が見に来る前に

家から出ておかないといけないんだけど、これがまた慌てて大変なのです。

だけどどんなに時間がなくても家を売るためのポイントだけはしっかり

抑えとかないと売れないからね。。。





まーこんなこともありました(恥)

洗濯機は地下にあるでしょ、慌てて上まで片付けに走って

バスルームをピカピカにしてタオルを替えたり鏡を磨いて

電気を付けてゴミ箱を片付けキッチンのカウンターや

ステンレスを素早く磨き、、、な〜んてことしてたら

もう一度地下を見に行く時間なんて無くなっちゃったわね。

そのまま家を飛び出したのよ。あ〜あ


毎回この家を出るときに大丈夫だろうかと心配になるんだけど

たいていその心配も取り越し苦労に終わるのに。。。

今回だけは心臓が止まりそうなほどショックだったわ。

帰ってきて下りて行ったときにこのダンナのパンツを

それも階段の上がり端だよ。誰がこれを見落とすか?

もう自分で発見したときは我が目を疑いました!

何が「生活感、生活臭を消すのがポイント」だよ!

生活感、生活臭振り撒きっぱなしだったじゃないの。。。


みんなが(お客+不動産屋)がこれをまたいだ姿を想像すると

もう穴があったら入りたいというのはこのことでしたね。


そしてこれがその地下でございます。




あそこのほら三段目当たり。。。想像してね。