ローマでバラの押し売りに
びっくりした話を昨日書きましたが
no title


それ以来受け取らないようにしました。

どんなふうに拒んだかというと。。。。



まずやってくるでしょう。


1


絶対引き下がらないでしょう。



2


絶対引き下がらないでしょう。



3

黙っていても

引き下がらないでしょう。



人が食べてるのにさらに

無言で立ち続けるでしょう


4



そしてまた思い出したように


5



ってくるの。。。




でついに諦めて去っていくんだけど


6



全然食べた気しない!



ブレッシアの時は外でご飯食べていると絶対にやってくる。

ずべてのお客に声をかけるのでいつ自分のところにやってくるか

気になって気になって、本当に落ち着かない!


それがどれだけの精神的苦痛を与えるかというと

宿題忘れたのに先生が順番にみんなを当てて

それを待っているときの気分!


13



12



宿題をちゃんとやっておけばいい。。。

って話ではなく買ってあげればいい

って話なんですがね。

イタリア人は時々買ってあげてました。

これもキリスト教ならではのことなのかな?

イタリア滞在が終わる頃には不思議に

この押し売りにも慣れてきちゃって

買ってあげようかって気になってました。




11



イタリア33へ続く