警察に止められたら(1)

の続きです。


1

赤信号で止まったら警察がおりてくるのが見えた。
やっぱり私だった。

思わず。。。。
2

と、私はこんな時に礼儀を正そうと
ドアを開けて出ようとした!

恐ろしい!これは絶対にしてはダメだった。
逃げると思われて撃たれる可能性もあるから。

そしたら警察が直ぐに。。。。

3
と、教えてくれた。

きっと、この警察は横につけて走っている時、
すでに私がアジア人女性だと確認していたと思う。
だから安心していたようだった。


4

しまった!

それだけでも警察の命令を無視したってことで
私はすでに過ちを犯したことになるじゃん。

仕方ない言うことだけは言うか、

5



6


えっ、やっぱり警告サイレン聞いて止まらなかったから切符切っちゃう??
やだやだ罰金払うの。もったいない。車買ったばっかりでお金ないのに。

と、余分なことを考えていたら。。。。

7


ホッとした。

だってそれは車のディーラーさんが全部してくれたことで
違法でもなんでもないことなんだもん。

そう思うと、なんだか止められたことが腹立たしくなる。
そしたらいきなり反対側から。。。

8


「警察をナメんなよ!」とでも言いたそうに喝が入った。

9

うわ!両側に警察いたんだ!
すごいな。きっと逃げないようにいたんだ〜。

「それがぁ、この車三日前に買ったばかりでよくわからなくて」
「あれ〜どれで窓開ける?」
「あれ〜書類ってどこだった?」

私は訳のわからない独り言をブツブツ言いながら
10
窓を開けて書類を出した。

11


なんかここで、オバさんの私は
一言言ってやりたくなった。


1


「旦那に電話していいですか?」
「なんで?」
「迎えに行くの遅れるって言いたくて」

この言葉には
「あんたが無意味に止めるからあたしゃー遅れるんだよ」
っていう小さな抵抗を込めた。。。つもりだった。


そしたら。。。


12


それからずいぶん時間かけて調べてたよ。
待ちくたびれたから後ろ見た

1


バンには4人警官がいた。男二人に女二人。
写真では見えませんが、笑いながら楽しそうにしてるじゃない、
さっきまでの私に向けたあの険しい顔はどうした?
絶対暇だったところにおもろい獲物(私)がきたと
思ったんだ〜〜〜。

サイドミラーに写ってる。
2
(窓ガラスにはスクリーン貼ったから3、4日あけてはいけなかった)



そしてやっとまたお姉さんが怖い顔して戻って来た。

13


えっ?

えっ?

ええ〜

BUT....


14


そう言われても、もっと不満は言ってやりたかったが、
サイレンを無視した負い目があるので、ここで怒らせて
「じゃー切符切る」とか言われると嫌なので、ぐっとこらえ。。。

15


と言っておきました。そしたら向こうも「どういたしまして」
と言ってくれました。まー仕事ですからね。ご苦労様です。


と、こんなたわいない話でしたが、最近は、
警察が直ぐに罪もない市民を間違えて捕まえたり
撃っちゃうことが問題になっているのでちょっと怖かったです。

でもこれもこんなダウンタウンに引っ越したからだなぁ、と
つくづく感じたのでした。以前住んでいたところは本当に
安全でみんながナイスだった。じゃーなんで引っ越したのか。
またそれは違う時にお話しします。次回??

そしてこの後、もちろんディーラーに電話して文句言いました。
そしたら「18年間車売ってて初めて聞いた」って言われてしまった。
「もし仮のナンバープレート欲しかったらいつでも取りに来て」
と言ってましたが、もちろん面倒なので行きませんでしたが。

結局、ナンバープレートの車種を変える手続きには2週間かかる
のですが、警察もそのことは知らなかったのだと思います。
それとも、後でわかったけど間違えたとは言えないので
そのまま押し通したのかもしれません。どちらにしても
いろいろありますね生きてると。。。。



他にダウンタウンに住んで嫌な思いをした話はこちらです。
スーパーの話(1)スーパーの話(2)



以前住んでいたところは本当に安全なところだったので(多分日本より)
ダウンタウンに住みだして初めてアメリカというものを知った気がしました。



では長い話におつきあいして頂きありがとうございました。


最後に。。。。


ブログランキングに参加してます
m(_ _)m ポチッと一票よろしくね〜!m(_ _)m 
kimi



二つとも押してもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ


次回の励みになります。
ありがとう。また遊びに来てください!