次女はその時まだ学期末試験の真っ只中だった。

だから本当はテストが終わるまで乳がんのことは

伝えたくなかった。しかし旅行の予約を

キャンセルしないといけないこともあり

私抜きでも日本へ行く気があるのかを

確かめるため思い切って電話した。

DCIS-61

それでなくてもアートを仕上げるために

いつも徹夜状態が続いているようだ。
DCIS-62

でも言わないといけない。

DCIS-63

DCIS-64


こんなに日本に行くことを楽しみにしてるのに

どうやって言うか。。。

あまりショックを与えたくないし

自分自身も感情的になりたくなかったので

ここはひとつサラリと伝えることにした。

DCIS-67

DCIS-65

やっぱり。。。。

こんな話、サラリと言ったって

サラリと受け止められるわけないよね。

特に試験中で寝不足の上にストレスも溜めて

気が張っているのに、そんなところにこんな話

糸がプッツン切れちゃっうよね。。。。

ゴメン ゴメン

DCIS-66


それからしばらく泣きじゃっくりは止まらなかった。



乳がん/私の場合
第1話から読む