W君が春子にプロポーズをしたのは
6-17-2020Wedding1

1年以上前去年の春のことだった。

そしてそれから結婚式の計画へ
その話を1から読む


今日は

アメリカの結婚式〜7

6-24-2020Wedding7

6-24-2020Wedding72


その考えとはなに?

それはまた明日に

アメリカの結婚式〜8へ続きます。

6-24-2020Wedding73


6-24-2020Wedding


6-24-2020Wedding76


6-24-2020Wedding7



それから結婚式のメインは新婦で
新郎側はハネムーンとか
リハーサルディーナーとかの
お金を出すようです。

++++++++++++

2年半前に出席した
春子の友達の結婚式の話は
ここから


明日の更新の励みになります
下のバナーを押してね


人気ブログランキングへ

ついでにこれも!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
ありがとうございま〜す。


コメントいつも
ありがとうございます!

皆さまの熱いコメント
アドバイス等いつも
感謝しております。

結婚式も所変わればですし
時代や年齢等もありますよね。

この結婚話もとりあえず
一つの例として楽しんで
いただけると嬉しいです。



コメント

 コメント一覧 (8)

    • 1. Yoshiko
    • 2020年06月24日 12:17
    • W君もおかしいと思う側で良かった(笑) でもW君のお母さん、突拍子もない感じですが意外とこちらからきちんと説明したら分かってくれるかも?私のイメージではアメリカ人って意外とサバサバしているというか、駄目だと分かったら結構あっさり引き下がってくれるイメージなんですけど、どうなんだろう???交渉しないといけない春子さん達は大変ですが。。。W君のお母さんも大事な息子が結婚という事で舞い上がってしまったのかもしれないですね(苦笑)
    • 0
    • 2. 乙女
    • 2020年06月24日 12:23
    • 欲しい物をリストにするのは欧米では当たり前な慣習なんでしょうね。フランスもそうらしいです。
      新婦側負担はほぼやりたい事は新婦が決めるから、新婦側負担になるんですかね?
      主役もほぼ花嫁だからとか。
    • 0
    • 3. Makko
    • 2020年06月24日 13:21
    • たしかに。これから長いお付き合いになるのにW君のお母様と揉めたくないですよね。うんうん。
      W君も春子ママと同じ考えだったという事、そのW君を育てたお母さんなら、話せば分かってくれそうですね。
      春子ママも春ちゃんもW君もファイト〜❗️
    • 0
    • 4. Rinrin
    • 2020年06月24日 13:29
    • もう結婚式の件は既に双家で解決済みだから描かれているでしょうが、ほとんどが向こうの招待客なのに、結婚式の費用は全部新婦側持ちのつもりだったって、強烈ですね。
      日本では招待客の割合で双方がお金を出すのよ、ともし言ったらどんな顔するのか見たかったわw。

      新郎新婦が欲しいものにお祝いを出してもらうというのも、合理的でいいですね。
      披露宴を挙げるなら現金の方がいいけど、最近結婚式を簡素にするカップルも多いから、こういうお祝い方法も日本でやれるようになると嬉しいですね。


    • 0
    • 5. ポチのえさ
    • 2020年06月24日 21:11
    • イギリスでも新婦側が払う習慣ですが、現代の若者は同棲中に二人で結婚費用を蓄えるというケースが多いです。私は新郎側が全面的に払う地方出身ということで、イギリス人の彼の両親が全面的に払ってくれました。結婚式に出席したのは義母(10人兄弟)の身内がほとんどだったので、お互い納得のいく処置だったと思います。結婚後も、彼のおじおばいとことは濃いお付き合いをしています。ちなみに、ユダヤ系でもイタリア系でもありません。

      間に入っているお嬢さんのことを思いやることのできる春子ママ、人間ができてる!
    • 0
    • 6. Sayamame
    • 2020年06月24日 23:32
    • 私ももうそろそろ30年前になりますが、こっちで結婚しました。  こっちでの暮らしが長かった為、日本からは両親と妹のみ。 旦那の実家で式をあげたので、出席は私達の友人を除いては旦那側の親戚と彼の両親の友人などだったのと、私の家族が日本から来る旅費もあるといとうことを考慮してくれて、式のコストはほとんど義理の両親が払ってくれました。  そもそも新婦持ちと言う理由は、結婚式は新婦の実家でするという伝統に基づいていると聞きました。でも今は時代も変わって、人それぞれだと思いますよ。  こっちは結婚後は新婦側の家族が比較的強い様な気がします。 どっち側とホリデーを過ごすとか、そういう意味で。 私は家族がこっちにいないので、いつも旦那の家族とですが、義弟のお嫁さんの家族には、義理の両親は結構気を使ってます。
      結婚式、どんなにシンプルにしようと思ってもなかなかそうはいかないものですよね。  この先のお話楽しみにしています。
    • 0
    • 7. Itschy
    • 2020年06月24日 23:53
    • 春子ちゃんの未来の義母さんが買物大好き人間なのは、アメリカ人だからなのではなくて、あくまでもその人の好み。

      アメリカは多民族国家な故、何が典型的なアメリカ式なのかだなんて定められないし、
      日本でだって大掛かりな結婚式を挙げて当たりとする人がいるかと思えば、内輪で簡単に済ませてしまう人も。

      アメリカ人だから、日本人だから、〇〇人だから、ではなくて、最終的にはお互いに納得の行くように話し合うしかない……。

      春子ちゃんの結婚式が丸く収まりますように 💕
    • 0
    • 8. ちちのん
    • 2020年06月25日 07:54
    • 35年も前の話になりますが、
      大家さんの次男の結婚披露宴が、
      レストランを貸し切って行われました
      同じテーブルにお隣のご夫婦も招かれていて、
      アメリカの結婚式について教えてくださった中に、
      披露宴の費用は、新婦持ちの話がありました

      そして、御祝儀ですが、
      御祝儀を集める時間がありましたよ
      新郎新婦が座り、出席者が順番に封筒を渡す
      中を開けて、うわーーーとか声あげてました
      因みに両親とわたしと妹と四人で出席して
      たしか、200ドルのチェックを渡したはず
    • 0
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット