このブログが初めての方は人物紹介ページをどうぞ。

馴れ初め話を1話から

途中から読みたい方は
ここから番号を探してください。



第2章:子育て編


〜第70話〜


アメリカに戻ってすぐに長女を

土曜日だけの日本語補習校に入れた。

アメリカから日本に引っ越した時は

春子本人が

RaiseKids71-4-1-2021AD


と拒絶した。(その話はここです)

しかし今回は自分と同じような境遇の

子供達がまわりにいるせいか春子も

日本語補習校に通うことを嫌がらなかった。


RaiseKids71-4-1-2021AD


親としては今回こそ二カ国語を同じように

維持していきたいと張り切っていた。


RaiseKids71-4-1-2021AD2

RaiseKids71-4-1-2021AD3


アメリカに5年も住めばもう日本から

来たばかりの子供達とは話も合わない。

そして現地校(アメリカ)の友達が羽を伸ばして

遊んでいる金曜日の夜は日本語の宿題と予習復習に

追われ、さらに土曜日の昼間も遊べない。

その上ピアノとバイオリンの習い事もしていたので

その活動を入れるともう気を抜く時がないのだ。


それではかわいそうだということで

中学校に入ってすぐに

RaiseKids71-4-1-2021AD4



二兎追うものは一兎をも得ず(訂正ありがとう

そうでしたウサちゃんでしたね。

頭の中で大きな猪を追っかけてました(笑)

危ないわ。。。。


このまま二つ同時にやっていても何もならないだろう。

それにこのままアメリカに住むと決めていたので

日本に一時帰国した時に戸惑わない程度の

日本語の読み書きができれば十分ということで

アメリカの学校だけで頑張ってもらうことにしました。

あ〜よかった。。。親もはっきり言って疲れたよ。



というのが我が家の長女の日本語教育のお話でした。



でも、次女はこの時まだ小2だったのです。

彼女はどうしたのか次で書こうかな。。。

前にもチラリと書いたので反復しちゃうかな



71話へ続きます。


子育て編を初めから読む




LINEで更新のお知らせが届きますよ〜

読者登録してくれると嬉しいです



明日の更新の励みになります
下のバナーを押してね


人気ブログランキングへ

ついでにこれも!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
ありがとうございま〜す。




昨日はたくさんおめでとうコメントありがとうございます。

<人工関節を入れる手術をしてました。
その後、歩行が楽になって心臓の持病も調子が良くなった>
よかったですね。やはり足って大切ですよね。歩くと
循環もよくなるし。

<金具を取るときは全身麻酔でしょうか?>
はいそうです。
<私も何度かしたことあるのですが、
一度出来心で絶対に起きてやろうと目を
こじ開けてみましたが、すぐに寝てしまいました>
無理でしょうそれは〜(笑)
私なんて記憶が無くなったことすらわからなかったですよ。

<医学って日々進歩しているんですね‼️>
ほんとですよね。これからもまだまだ進んで
私たちは元気で長生きできますよ!楽しみ

<半田の桜、今年はもう散りはじめでしょうかね~?>
どうでしょう情報なしです
それより金具を取らないと肉が金具に絡みついて
どんどん取りにくくなると言ってましたが違和感が
なければ大丈夫でしょうね。実は旦那も小さな金具が
手に入ったままです。もう自分のものになってるみたいです。

<うちの夫も鎖骨骨折の時に入れた金具を大事にもらってました>
やっぱりお土産なんですね(笑)

<そんなゴツいの入ってたら違和感ありありですね>
そうだったみたいです。

<立派なモノが出てきて、記念に持って帰る? 
と訊かれたのですが、いらない、と即座に断りました>
あははは、聞く先生も冗談だよね。半分本気かな

<袋に入っている金具はくれるんですかね?>
もらってました。その後どうしたのか聞いてないから
今度聞いてみよ。
<切った盲腸見ますか?」って聞かれました>
私の時は聞かれもしなかったです。
そういえば父の大腸ガンの時も綺麗に板にピンで留めて
見せてくれました。日本は見せるものなのかな。