アメリカンドリーム - 4コマ漫画

アメリカ生活絵日記

2011年08月




東海岸を襲った今回のハリケーン、アイリーン。



ボルティモアは東海岸から少し内陸に入っているし、

ハリケーン自体も予想より弱まったのでぜんぜん影響が

無かったようでよかったんですが、

ニューヨークや他の東の地域は先日の地震といいこの大きな

ハリケーンといい、踏んだり蹴ったりだったようです。














アレルギーがひどい次女の回りには

必ずティシューあり!

信用しなくて良かったよ・・・。




アメリカのバックパックはしっかりできているので、
ちょっとやそっとでは壊れない。

この次女のバックパックももう5年目。
買う時は、ちょっと高いなと思ったけど、
やっぱり値段だけあって持ちが良い。

というか物は壊れるまで新しくできない貧乏性のわたし。

でも洗ったらきれいになりました。












長女達はいろいろあって、アパートを探し出すのが少し遅れてしまい

大学の近くでまーまーの家賃のところは既に無くなってしまっていたとか。

と言っても我家の経済から見ると、どこも高い!


だからさ、あたしの顔がどんどんたるむはずだよね。(;´Д`A ```















体全体が心臓になったみたいにバッコン、バッコン・・・。

あんまりスゴいんで、このまま止まって死ぬかと思ったほど。

なんか久しぶりに怖い、今思うと特に怖くもないんだけど

怖い夢を見た・・・・。多分声を出したいのに出ない歯がゆさが

怖さを倍増させたと思う。でもスゴいよねホントに叫んでたんだから。



今、旦那出張中でセイセイしてるはずなのに、

やっぱりいないと無意識のうちに不安なのかなー。

ちきしょ〜大人になれよ!















私達がアメリカに戻る数日前から熱波が去り、涼しくなっていたオハイオ。

到着した日は本当に涼しくて日本の半分?の気温しか無かったかも。

冷えて冷えて・・・それなのにスーパーはガンガンのクーラー。

日本で完全に開ききった毛穴が驚き、指先がしもやけのように痒くなった。


そしてハッと気付くと・・・・・漫画のようにしなびた体・・・・

時差もあるし・・・・なんか急に老け込んだ自分の体が悲しい・・・

当分誰にも会いたくないかも・・・。


日本に着いた時、母親の第一声が、

「あんた老けたねぇ〜」だったし・・・。


年々、時差が辛くなってきて老体が悲鳴を上げている。





だずげでぐれ〜〜〜











8月8日、1時15分に名古屋を出発するはずだったデルタ航空の飛行機が

9時間半遅れた。名古屋で足止め食った私たちは名古屋空港セントリアで

うろうろと時間をつぶした。(昼はラーメン(まーまーいけた)

夜は和食(これはまずかった)を食べた。)

そして夜10時50分に出発した飛行機は

デトロイトにアメリカ時間の8月8日、夜の10時に到着した。
(一日得したのか損したのか混乱する)

そして乗り継ぎ便、コロンバス行きはもちろん次の朝まで無い。

400人以上の乗り継ぎ便に乗り遅れた乗客達はデトロイト空港の

回りにある安いホテルに振り分けられ。私たちの宿はレッドルーフイン。

現在そこから暇なのでブログをアップ中!

アメリカのホテルって日本のように歯ブラシとか浴衣とかないから不便。


あっもう2時だ!一応寝てみよ。

みなさんおやすみなさい。m(_ _)m







『日本で家族が集まると・・・。』の続きです。


















































ゲームで勝たなくても、いつも

ばーちゃんにおごってもらっているんだけど、

ゲームで勝ち取ったランチは特別美味しかったぁ〜!

ごちそうさま〜〜!



こんな生活も後4日間・・・・
月曜日にはアメリカに帰ります。





↑このページのトップヘ