アメリカンドリーム - 4コマ漫画

アメリカ生活絵日記

2012年01月



12月30日2011年




一ヶ月も前から予定していた旅行だったし、

実家から車で一時間ぐらいの内海のホテル

だったので、姉も無理して一緒にでかけました。

(姉のお友達から会員用の券を頂き
安く泊まる事ができました。感謝)





それでもやっぱり食欲は無かったようで、
特に生のお刺身とか姉の分は全部・・・




食欲には勝てないお年頃の次女。
おデブ街道まっしぐら〜。





そして夜は恒例の7並べ対決!
盛り上がりました。

女達がギャーギャー騒いでうるさい中、
81才のジー様は酔っぱらってイビキをかきながら
気持ち良さそうに寝てました。すごいわ。



日本滞在記つづきます。




春子ママの実家がある愛知県・半田市から

ダンナの両親の住む九州・別府まで

日帰りで往復した春子ママと子供たち・・・

夜遅く家に着きはじめて姉からの電話の真相を知った。



なんかわたしもショックでした。

当たり前ですが、みんなが老いていくこと
(娘も含めて・これは前の漫画の話)

そして姉との間にテレパシーが無かったこと(はぁ?)


実はわたし今週は、カゼをひいて熱が出て調子が悪く、

精神的にも落ち込んでたんですよ。(ほんと)


そして昼間一人で家にいたらなんだか寂しくなっちゃって

携帯から長女に電話しようと思ったんだけど、

新学期もはじまって忙しくて迷惑だろうと思い直し

電話はかけずに携帯だけをなぜなぜさすっていたんですね

そしたらなんとその数分後に長女から電話があったんです。


驚いて「なに?」って聞いたら「いやぁ用事はないんだけど

なんか電話したくなったんだよね」って言ったんです。

用事がない限り滅多に電話をしてこない彼女が!

それもアルバイト中で普通は絶対電話しないのに!

思わず・・・うるうる・・・うる・・・

やっぱり一親等は違うわ(笑)ってただの偶然だね。


話がずれましたが、二親等で私とはテレパシーの

通じない姉は、数日後にはちゃんと回復いたしました。

でも結局、何が悪かったのか検査しても

分からなかったようです。



ということで日本滞在記つづきます。







姉が病院で苦しんでいることなど
その話はここ
まったく知らない春子ママと子供達は
ダンナの両親に会うため九州の別府にいた。








若い娘に言うか〜みたいな

ちょっと驚きの言葉でしたな。


長女本人は笑っていたけど、実は内心

しばらく立ち直れなかったようでした。







日本滞在記つづきます。



12月26日の朝





日本では殆ど毎日洗濯してたけど、
洗濯バサミを入れる箱が無くて
毎回こんなふうにして
外に干しに行っていた。



この日はそれからまた京都へ出かけ、
金閣寺と銀閣寺に行ってきました。
そのお話はまた次回に・・・。


日本滞在記つづきます。



12月25日 その2














結局、もう一回は引かず。

そして

「二度とおみくじなんて引かない」

だって、なので.....

気晴らしにはやっぱりこっちだね。






みたらしも食べました。







ところでそろそろアメリカに残した
ダンナに電話でもしてみるかな。

次回はその話です。

日本滞在記つづきます。



↑このページのトップヘ