アメリカンドリーム - 4コマ漫画

アメリカ生活絵日記

2012年06月








そして食べるのが終わると
シロは冷たく去って行くのでした。。。。



コスチュームを作るためにミシンを使っている間は
シロの愛は取り戻せないだろうね。










そして今ではミシンの音がトラウマになっているシロ。

ちょっとでも娘がミシンに近づくと私の方に真剣な顔で寄ってくる(笑)

そして娘もシロに嫌われとっても傷ついているみたい(笑)でも

コスチュームは完成させたいし。。。困ったね〜。











「もうすぐだよって言ってんだからスピードぐらいゆるめておけよ!」




というぐらいすごいスピードで運転するらしい。(怖)



なかなか帰って来ないから聞いたら、

このまま二人はシンシナチの方までずんずん進んで

途中でUターンしてきたらしいです。



まーナビする娘ものろいので運転手は運転手で

いろいろ言い分があるだろうと思いますが。。。


二度と彼女の運転でハイウェイはゴメンだそうです。




やっぱり高校生の運転って危ないわ。




前回の漫画の続きです













なにが「あはははは〜」じゃ、

ちょっとムッときたから、

「ダンナの体だから勝手にどうぞ」

と言ったら「あっ、もう電話切らないと」

とか言って切っちゃった。

3時間あるんじゃなかったんかい?






そしてその後、


イタリアに着いたと報告のメールが届いた。









体調不良のため食事制限をしているダンナの詳しい話は
カテゴリの「ダンナがダイエット」からどうぞ。









ダンナの食事制限から解放され何でも作って食べられる!

どのレストランにも気兼ねなく行ける!

そりゃー嬉しいに決まってるよ!

(食事制限の話はカテゴリの『ダンナがダイエット』から見てください)


ではダンナはどうするんでしょうね?
また追って漫画にしていきます。


前回の話





そして。。。







友達は背も高くて細い。そして髪を赤く染めているので

なんとも目立っていたみたいだ。


だから実は声をかけてきたとき「どこ行くの?」ではなく

「髪の毛が消防車色だねぇ、かっこいい〜」

だとかなんだとかわけの分からないことを

ぼそぼそ言ってきたそうだ。(笑)





だから完全にキミちゃんのことは眼中に無かったのだ。




↑このページのトップヘ