アメリカンドリーム - 4コマ漫画

アメリカ生活絵日記

2014年01月




久しぶりのブログです。

このとろこずーっと寒くて冬眠してます。

外もマイナス16とか20とか。。。

やってられない。

そして外に出るときは長いダウンジャケットを着て

帽子もかぶって(なかったので娘が置いてったヤツ)

分厚いミトンの手袋をして。。。







お昼は冷凍のたこ焼きをチンしてから

フライパンでカリッと表面を焼いて食べました。



なーんて生活です。

またね〜。



その後の経過です。





猿回しのようになってるの。
本人全然気づいてないけどね。





このコードが家の中だと長くて危ない!

またそれにつまづいて今度は左足ってことになったら。。。

それより主婦の私の方が危ないよ。いつもキッチンの中まで

コードを引きずって入ってきてはウロウロウロウロしてるから!

料理してる最中フッと動いたときなど思わずつまづきそうで怖い!

ケガ人はケガ人らしくおとなしくしといてくれ!って思う。





ところで医者から買ってきたあの松葉杖ですが、

結局一度も使わずに(ああ、病院からの帰り喜んで使っただけ)

で、案の定後はお蔵入りになった。松葉杖で学校へ行くって

本人は張り切ってたんだけど新年二日間は寒さで大学が休みに

なっちゃったから結構その間に足もずいぶん良くなって使う

必要が無くなったわけ。私としてはまたこの松葉杖を下手に使って

怪我でもされたら困ると思っていたところだから良かったよ。

だけど〜3日目に授業があったとき、うちのダンナ「やっぱりまだ

ちょっと不安だから」と言って、なんだかわけのわからない杖を

自分で作ったんだよ。???


でそのわけのわからん杖というのが。。。。


日本の床掃除の壊れた柄(すごくしっかりしてる)
に松葉杖の滑り止めを装着

これを持って学校へ喜んで出かけた。

そして無事授業も終わり迎えに行ったら。。。。




ダンナ:「いやーこの杖のパワーは凄いわ!」と言い出した。

わたし:「へぇ〜どんなふうに?」

ダンナ:「それがさぁ、移動時間にこの杖もってキャンパス歩くと。。。。








ってみんながどいてくれるの!気持ちよかった〜。

まるで自分が「十戒のモーゼス」になった気分だったよ!




そしてこの杖も一回使ってお蔵入りになった。。。。









ひっどいなぁ。私はいつもダンナがイビキかいてると

蹴飛ばしてあげるのに!



ということでほんとうに昨夜は気持ちの悪い夢を見ました。

起きてからどうしてあんな夢見たんだろうと

考えながら自分の気持ちを分析したところ

わかりました!どうしてなのか。

実は先日の寒波が去り急に温かくなったオハイオ州。

雪も完全に溶けたのはよかったんですが、

お化粧がはげ全てのあらが丸見えに。





我が家にある一本の木になるツクツクの実がたくさん芝の

上に落ちて気持ちが悪いことに。。。。

ここ2。3日ずーっと気になっていたんです。

普通ならダンナと一緒にやるところだけど、ダンナは今、

足の調子が悪いじゃない。だからさすがの鬼嫁も

『しゃーないなぁ、それにあんな夢も見たしなぁ。きっと

あの茶色の蟻さん達は、あのツクツクの茶色い実だったんだよね

そんなに気になってんならやるっきゃないか。。。』

と、今日は昼から一人で熊手を持ってガリガリ頑張りました。



この実がまたツクツクで芝にくっついてなかなか

掃きにくい。ちきしょ〜。毎年ほんと頭が痛い!

二時間かけてきれいにしましたよ〜〜〜〜〜。

みてみてこの違い!



483f4875.jpg


8fd0a386.jpg



ってこんなボケ写真じゃー全然私の努力が伝わらないじゃん!



テニスで右足ふくらはぎを痛めたダンナの話

の続き。。。










ほらっ、後ろのドア開けてやって!
娘が助けると喜ぶから。

えっ?

早く!








ー以下ダンナと医者の会話ー


ダンナ『もしかして肉離れしたかも。。』

医者『そう思うの?』+疑いの目『ちょっと見せてみて』




ダンナ喜んで毛だらけのふくらはぎを見せる。




医者『2、3週間家でおとなしくして治してよ足は地に着けないようにね』

ダンナ『えっ?どうやって足を地に着けないでやっていくの?来週から授業があるのに』

医者『それじゃーまー松葉杖でも持ってく?』

ダンナ『はい』















驚く事にこの松葉杖、
今では買い取りなんだってね。
日本でもそうなのかな?

さてこの松葉杖、ダンナはどれだけ
使いきれるのでしょうか。。。。?



続き。






ほんとに?ほんとに???

このまま家でおとなしくしてれば

大丈夫じゃないの???

みんなそう思ったけど言えない。

だって本人じゃないからさ。

だからまー確認のためにも、





と、一応ダンナの意見を尊重!

偉いな私。



そして次の日ファミリードクターに電話したら

それは救急へ行ってくれとのこと。。ええ?

そんな大袈裟なものなの????

「そう」とダンナ。やっぱり相当痛いのか。

これはやっぱり行ってもらったほうがいいか。

ということで近くの大学病院接骨科(?)

の夕方5時以降の救急に行く事になりました。


つづく




家族でテニスのダブルスゲームをしたら

張り切り過ぎて。。。。











絶対アキレス腱なんて切れてないよ。

それだったらもっと痛いはず。。。

と女3人は心の中で。。。



まーそれでも無理は禁物。みんなで帰る事になった。

そして外に出たら。。。

















あっ忘れ物。。。。



























俺は男だ!



つづく







そうだよ拾え!(母の声)




こんなときとか食べ物を落としたときなど

シロが食べるといけないと素早く拾うのが癖に

なっていたから「どきっ」っと反応してしまう。

そんなフッとしたときにシロを思い出して胸が

キュ〜んと痛む。





元旦からシロにお水をあげるのを止めました。

ちょっと勇気が必要でした。




長女と友達のカウントダウン



今年もよろしくお願いします。


↑このページのトップヘ