アメリカンドリーム - 4コマ漫画

アメリカ生活絵日記

2015年02月

カンタベリーからリードへ移動し、

家具付きのアパートに移って直ぐの話


_______


コインランドリーはアパートの中地下にあった。

しかし私たちの部屋(6階の一番奥)からは結構遠かった。


7ad82053.jpg



まーそんなことは大したことではなかったのだが、

このランドリー室に初めて洗濯をしに行った時の驚きは

大したことだった。




37f640d6.jpg



一瞬・・・いや数分間、入り口で固まったよ、あたし。

こんな不衛生なランドリー室って違法じゃない?

モップがそこになったら絶対自分で掃除し始めてたよ。

しかし目的は洗濯なので・・・




と、ここは気を取り直して洗濯をすることに・・・



90607a3e.jpg




気をつけて足場を選び、一番きれいそうな洗濯機を選んで

ドアを開けた・・・が、


やっぱり中も汚なかった。

そして更には


もう見て見ないふり。



息を止めながら洗濯物を入れ込む。

かわいそうな洗濯物たちよ。

こんな母を許しておくれ・・・

そんな気持ちで洗濯物をドラムへ入れ込み3ポンドを入れボタンを押した。

そして一応水がちゃんと出て回転するかも確認し、

後ろ髪を引かれながらも45分後に戻ってくることに・・・




そして戻って蓋を開けてみたら・・・、ありえないだろう!






挟まってたのよ。ドラムからはみ出してパッキンとドラムの間に!!

しかもあのゴミとへんなティッシューが挟まっていた恐ろしい領域に!!!

ああもうだめ〜〜




ランドリー室には流しも水道もない・・・

しかたない走るは、わたし・・・また6階の一番奥まで。

エレベーターはのろいし走るは、わたし・・・だって走らないと

夕方で使う人が多いから、次の人が勝手に私の洗濯物を引きずり出し

あの汚い机の上に・・・洗剤やゴミや他の洗濯物が散らかったあの上に、

無神経に乗せちゃうかもしれない・・・みんなそうしてるもん!

そんなことは絶対にされたくないし、させてはならないのだ!

だけど、このまま汚いまま乾燥機になんて入れられない。

捨てるもの勿体ないし、買うのも面倒だし・・・

だから走るはわたし、6階まで!




こうやってパンツは・・・じゃなくて人間は新しい環境にも適して

強くなっていくのでした・・・本当か???



ランドリーの話もう一つあるよ〜、それは次回ということで・・・



今回も馬鹿話におつき合い頂きありがとうございました。


ついでにポチポチ応援してもらえると嬉しいです。
m(_ _)m

次回の励みになります。

二つとも押してもらえるともっともっと嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

ありがとう。また遊びに来てね








・・・





ぴたっ!






7947d510.jpg




アメリカでは見たことないけど、

日本にはこんなのあるのかなぁ?




ではでは今日はこれで・・・。



このブログに来てくれてあるがとう!!

そして今日も応援ありがとう!!!
m(_ _)m

次回の励みになります。

二つとも押してもらえると
と〜〜〜〜っても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

ありがとうございます。

>
【才能応援プロジェクト】ブログを書いてプロをめざそう!


昨日紹介したアンティークの店の前には

All Saint with Trinityという古い教会がある(下の写真)

そして二番目の写真に写っている壊れかけた石造物は、

昔の牧師の住宅で、一部は修復され現在はミュージアムになっている。

残念ながらこの日は両方とも閉まっていて入れなかった。



69cae77f.jpg


ということでその小さな古い教会へ車で出発・・・

そして20分ぐらい走ったら・・・畜産農業が広がる

いな〜〜〜かの小高い丘の上にポツンと・・・

その教会はたっておりました。
Breedon on the hill

中も狭かった。

千年以上も前のオリジナルの石造彫刻が

壁のところどころに残っている・・・
歴史大好きな彼は、本当に誇らしげに、

まるで孫の話でもするかのようにこの教会の

説明をしてくれた。もう何度もここに来ているらしく

全てを知り尽くしている様子でなんとも流暢だった。



そんな彼が帰ろうと出口に行くと・・・


6677f8a7.jpg
なんと、こんなピカピカした安物合板ドアが出口の横に

何百年の歴史を持つ石造壁に新しく取り付けられているのを発見!




えっ?あんなたの物だったん?


まるで自分が大切に大切に守り続けてきた宝物が

壊されたかのような言い方・・・

「こんな大切な建造物にこんな醜いものをつけるなんて!」



開かないからわからなかったけど、多分、

身体障害者用のエレベーターがドアの向こうにあった模様。

でも本当にぴっくりするぐらい見苦しかった。

なんであそこにあんな安っぽいドアをつけるかなぁ?

誰もいないから聞くこともできない。そうなんです

この教会、ドアが開いているのにだ〜れもいなかった。

それぐらい誰もこない教会でした。




まーとにかく怒りを収めるために、この後近くのパブで腹ごしらえ。
ビールも飲んで心を落ち着かせておりました。



というお話でした。

今日もこのブログを見にきてくれてありがとう!!

ついでに応援もありがとう!
m(_ _)m

次回の励みになります。

二つとも押してもらえると喜びます。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

ありがとう。また遊びに来てくださいね

ラフバラー大学での旦那のセミナーは4時からだったので

午前中はその大学の教授が、街を案内してくれることになった。

そして彼(数学者)は、街の歴史にもとっても詳しかった。

6dde981f.jpg


そしてみんなで中に入った・・・ら・・・

一瞬ガラクタ商店かと思うほどわけのわからない物が

・・・散らかっていた・・・[#IMAGE|S8#]
そしてそこのオーナー(右上)の頭の中もまさに

この状態なのだろう、話し出したら話題が、時代が、

飛んで飛んで飛びまくる・・・


イギリス英語の上に話がいろいろな所に飛んでは戻り

そしてまた飛んでは戻るから・・・ついていくのが大変


半分もわからなかったかも・・・


そしてそのヘンリー7世が泊まったという部屋。

(ベッドはオリジナルじゃない)

もっと学生時代に歴史を勉強しとくべきだった・・・。

現在毎日必死こいてグーグル検索しておりまする。

しかしすぐに忘れまする・・・

若者よ勉強しなさいよ、本試験は30年後じゃー。



今日も来てくれてありがとう〜[#IMAGE|S58#]


ポチポチ応援おねがいしまする。
m(_ _)m

次回の励みになります。

二つとも押してもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

ありがとう。また遊びに来てね

バレンタインズデーは、イギリス人のお宅で食事をしました。


旦那さんは肉が好きなので手前にある鹿肉のソーセージ煮込みを

自分で作り、奥さんはベジテリアンなので人参の甘く煮たのと

パースニップ(人参みたいな白いやつ)のマッシュドを作ってくれました。

とっても美味しかったです。

ということで遅れましたが・・・

825887d4.jpg

今日もこのブログに来てくれてありがと~~~!




ポチポチ応援おねがいしま〜す。
m(_ _)m

次回の励みになります。

二つとも押してもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

ありがとう。また遊びに来てね


d7db594e.jpg

イギリスって乳製品がとっても美味しいと思う。

バターも美味しいし、お菓子の甘さも結構合う。

アメリカだとなんでも「甘いだけ〜」なんだけど

イギリスの乳製品は美味しい。



そしてこれが今の私のお気に入り。


Rachel's は、イギリスのウェーズル地方出の会社で、

イギリスで初めて公認された有機乳製品会社だそう。



あまりに気に入ったので、この入れ物を洗って”飴ちゃん”入れにした。

手前のは”飴ちゃん”が入った箱で、向こうに写ってるのが

今日食べたヨーグルトの空箱。

ところで”飴ちゃん”って地方の方言?私は愛知県出身です。




おかえりの前に、
ポチポチ応援おねがいしま〜す。
m(_ _)m

次回の励みになります。

二つとも押してもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

ありがとう。また遊びに来てね


Loughborough に着いたのが既に夕方だったので

軽く食事をしてみんなでスヌーカーをしにいった。


スヌーカーってプールのような遊びだが

2人1組で2チームに分かれて点数を争う。


プールはやったことがあったがスヌーカーは今回初めてだった。

そして旦那と私は敵同士だったのだが、私は・・・








プレッシャーに弱い情けない私・・・

それをしっかり心得た旦那は後半に強かった・・・


872c5cf0.jpg

71a13a48.jpg
ボールを並べてくれている友達はマイキューまで持っている。

プールと違って相手に意地悪な配置を残し

失敗を促して点数を稼ぐことができるので

いろいろな戦略があって面白かったよ。

興味があったらルール(スヌーカー)を見てね。

その前に・・・

ポチポチ応援おねがいしま〜す。
m(_ _)m

次回の励みになります。

二つとも押してもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

ありがとう。また遊びに来てね

今日もこのブログを訪れてくれて・・・


4e09567b.jpg





ヨークシャー・プディングはイギリスで人気のあるサイドディッシュ。

もちろん私も食べたことがある。が、一度も美味しいと思ったことがない。

オリジナルはどこなのかはっきりしていないようだが、イギリスの北部からとか。


そして今回せっかくヨークへ行ったので、そこの地域名が付いている

ヨークシャー・プディングをもう一度食べてから「好きか嫌いか」を

判断してみることにした。それにヨーク出身のイギリス人が

「ヨークへ行くならヨークシャ・プディングを食べないとね。美味しいよ!」

と、言ったし・・・。



ということで典型的なイギリスディッシュ、

ビーフにヨークシャー・プディング付きを旦那が頼んだ。

3cd14967.jpg


プディングは味見程度に旦那からもらうことにして

私はポークベリーのプディンブ無しを注文した。
1f6098d9.jpg



「う〜〜〜〜ん・・・・・

やっぱり特別美味しくない」

昔はこのシュー皮みたいなのを肉の下に引き詰めて焼き、

北部では貴重な肉の脂を余すことなく吸い込ませて

食べることが目的だったらしい。(Historic UKから)



とにかくプディングって、私の頭の中では甘いイメージがすでにあって

このグレービーとシュークリームの皮みたいなって「どうも合わんだろ」

というのが結論。しかしこのプディングには何を入れてもいいらしく

甘いものを入れて食べるのもオーケーで、その食べ方もおいしいよ

と教えてもらったが、もし機会があっったら食べてみる・・・か。

でも私、基本的にシュー皮って特別好きじゃないからダメかも。


今週はリーズから車で2時間ぐらいの小さな大学街 Loughboroughへ

ホテルがイギリスにしてはモダンな部屋なので驚いた。



そしてこれはイギリスの典型的な朝の料理
卵、豆、マッシュルーム、トマト、ソーセージ、ベーコン

豆とマッシュルームとトマトが私は好きかな・・・

カンタベリーのB&Bに泊まっている時は、毎朝これが出た。

さすがに飽きる。が、これを毎日食べに来ている近所の人がいた。

やっぱり食事も習慣だから子供の頃からの慣れと、世代を通して受け入れ

馴染んで、順応した体質とかの違い、などいろいろあるよね。

だから一概にそれを「まずい」とか言ってはいけないわけだ。




次回は、 Loughboroughの話です。

ヨークは今いるリーズから電車で20分ぐらいと近いので


857d0b13.jpg


と、ヨークの旅はこんな冷めた感じで始まりました・・・

そしてヨークへ行ったらやっぱり York Minster に行かないとね。

この日もヨーク晴れた日だったよ。

ここはね、タワーに登れて街が一望できるっていうから

入場料£10(一年間有効)に£5足して登ったのです。

その時、切符を渡してくれるおねえちゃんが「2:30のグループです」

と言ったのでそのまま言われた場所に行き、みんなの後をついていきました。

そしたら・・・・



そして壁には・・・


2913648d.jpg




a28d3cbf.jpg

げ〜〜〜〜。入り口で切符買うとき何も言わなかったよ!!

知ってて当然だったのか??



もちろんここまで来たんだから登りますよ。




過去にワープって・・・・

上り始めたらそんな雰囲気を楽しむ余裕なし!

下からはどんどん他の人が登って来るし・・・
0b7ddc0d.jpg

ほんとうに狭いし急なんだよ。それに一段一段高さとか幅が微妙に違うし。

そして275段なんて!ら旋になってるから

上がれど上がれど何百年も踏みつけられた

ツルツルの石が目の前に次から次に表れる。

横からは壁が押し寄せてくる感じだし、

後どれだけあるのかわからないし、

閉所恐怖症の人だったら怖いと思う。



だから私は、こんなふうに上がって行きました。


d46d1c48.jpg

で、ついたと思ったらまだ中間地点でこんなふうに屋根を横切る。
そこからの眺め


ここから建物の真ん中の方に移ってさらに上へ・・・


・・・・


やった〜〜!一番上からの眺めだよ〜。


天気も良かったからヨークがヨーク見えました。

眺めを楽しんで帰ろうとしたら

気がついたのです・・・



・・・275段の下りでした・・・

じゃーあの横にあったエレベーターはなんだったの?

時間に分けて登らせてるからてっきり

エレベーターの都合かと思ったのに・・・


ヨークの旅、続きます。



昨日はみんなでギリシャ料理を食べに行き

今まで飲んだことのないKEOビールを飲んだ

ら・・・



ecfd63e3.jpg



まったく、このイギリス人の教授面白いんだよ。

「ビールはイギリスのしか飲めんなぁ。でも

あそこはイギリス領土だったから許す」

みたいなこと言ってるわけ。もちろん冗談で・・?

料理もギリシャ人の夫婦がいろいろ頼んで分けよう

と言ってるのに、好き嫌いが多いもんだから

「僕は自分で自分のを注文するよ」とマイペース。

そしてラム肉ステーキを一人で注文したんだけど、

みんなで頼んだ前菜がいろいろ出てきたら「いいなぁ」とか言って

つまんでるから結局自分の分は半分残すことに・・・

8e64df3f.jpg
暗い写真で見にくいですが、左で一生懸命肉切ってるのが、その彼。

c7c2e6d4.jpg
そして料理もみんながワーワーしてるからこれだけしか撮れなかった。


キプロスビール初めて飲みました。おいしかった。


↑このページのトップヘ