アメリカンドリーム - 4コマ漫画

アメリカ生活絵日記:現在は昔のダンナとの馴れ初めから書いてます。

2015年06月


レッチェから車で30分ほど
南西に下がった街

ガッリーポリに二週間ほどいってました。

イオニア海になるのかな。

e2539e18.jpg

向こうの方に見えるのが
ガッリーポリの中心と
城跡のある島

3637832b.jpg

島の海水浴場



そこからちょっと離れた
海岸端のホテルで開かれた学会に

旦那が参加したので一緒に行ってきました。



392badad.jpg

ここがそのホテル

59aef41e.jpg

ホテルのビーチ

fde159d3.jpg


f7d674fc.jpg



イタリア21へ続く





まくらを使わずに寝てたけど、
頭が下がって口が開いて
いびきが出ちゃう!
喉も痛くなるし、、、

ここはホテルみたいなアパート
だからほんとうは文句を言える
んだよね。

どうしようかと思いながらも
文句が言えないシャイな日本人!

もちろん旦那は臭わないから
言う気はないし。

そんなこんなで滞在も
半分過ぎた。

今はクッションの上に
タオルを敷いて寝ています。
まーこれでいいか。
アパートに入ってすぐに撮った写真。

38a9624c.jpg
左の隅に問題のまくら見える?



イタリア20へ続く



昨日買った、ピスタチオのペーストを



昨夜早速使ってみました!





いや1分です。



野菜とガーリックをオリーブ油で炒め
その後茹でたきのこ入りラビオリを入れ
ペーストを入れチリペッパーと塩ブラックペッパー少々
最後に生のバジルを入れて出来上がり〜


これが予想以上に



すごくピスタチオの味がする!

この美味さを画面でお伝えできないのが残念です!







そしてフッと思いつきで、

今朝はバターとハチミツでちょっと煮てパンにつけてみました!


これもよかったわ!



昨日は暑かったのでアパートの横のアイスクリーム屋で

ピスタチオとマンゴー味を買って食べました。

またピスタチオかい?


ブレシアでもピスタチオアイスを

いろいろな店でトライしたけど

ここの店のが一番美味しいと思った。

昨日はとっても

な1日でした!

なぜかTシャツもピスタチオ色だったしね!


ではまた〜。。。



イタリア19へ続きます。





今日はまたまたランドリーの日。


今日も暑い日だなぁ。


だけどお花が満開です。
be2d94ac.jpg
まるで春のよう。そして前回問題だった横断歩道も
7c2026c5.jpg
今日はスムースに!!!

洗濯物をお店に残して周りを少しうろっとしたら

スーパーがあったので入ったら。。。。

こんなに商品がない!
ちょっと驚いた!

もしかしてつぶれる?

それとも改装前?それとも。。。。





さすがにちょっと怯んだが、


泊まっているアパートが観光地のど真ん中で周りに

スーパーってなかなかないのでここでお買い物をしました。

そして

ピスタチオ(これだけは読める)のパスタソースがあったので購入。
bd1f5369.jpg

前に旦那とスーパーへ行ったときも見つけたけど


と、却下された。


ということで自分一人の時は迷わず購入。

ちょっと高い!3.50ユーロ、瓶も小さいし。

これでまずかったらショック!今晩食べてみます!

ところでピスタチオって地中海が原産なんだね。

一時間後に洗濯物を取りにまた出かけます。

ではまた〜。



イタリア18へ続きます。







夏休みでインターン中の次女がニューヨークの地下鉄定期を

失くした話をここに書いたら、早速 GMommyさんから

「お金返してもらえるよ」とコメントをいただき次女に

すぐテキストしました。そしたらやっぱり返してもらえるなんて

知らなかったようですぐに地下鉄の方に連絡したそうです。

現在、その後の結果連絡待ちの私です。

彼女は毎日、朝から夕方までのインターンでして、仕事が始まったら

予想以上に厳しいボスだったので驚きあたふたしているようでございます。

落ち着いたらその話も漫画にしたいかなぁ〜っと思っております。

まーとにかく本当に助かりました。


 GMommyさん


次女より



ブログに何気に書いた次女の失敗でしたが

まさかこんな助けが舞い込むなんて。。。

ソーシャルメディアってすごいです!











でも、そう言われたらそうかも

だって特に旅行に出てから時差や

食べ物の変化でベンピ〜が。。。


イタリア17へ続きます。

ブレシアを朝の7時に出て、ボローニャで乗り換え。
9fcf9b0e.jpg
ボローニャまでは1時間半ぐらいでした。

大きな駅だけどここも物乞い、押し売り、

押しサービスが多くて大変。本当にしつこい。

かわいそうだけど、無視しちゃう。

イタリアの電車もプラットフォームには誰でも入れ、

電車にも誰でも乗れるけど、中で切符の検査がある。

インチキして乗る人も多いんだろうね。
eded8e80.jpg
誰かが捕まってた。

そしてボローニャからレッチェまでは7時間ぐらい電車に揺られた。

行きはローマに寄ったので内陸を通ったけど今回はずーっと

アドリア海沿いを走ったのでとっても景色が良かった。

窓が汚いし、電車が速いのでうまく撮れませんでしたが、、、
a40138a8.jpg
e0eff2aa.jpg
でも半分は寝てた(笑)
279c3899.jpg
872e5e45.jpg
羊の群れ。本当に群れるからかわいい。

弱いものは群れたがるって人間も一緒?

だから私も一人で行動できない(笑)

でも大勢も嫌。。。だからかわいくない



イタリア16へ続く

冬休みに次女も私と一緒にスタンプを作って遊んでました。

その許可がやっとおりました。時間かかるね。



LINE



彼女は現在ニューヨークのデザイン事務所で

インターン中!頑張っているらしい。。。けど

せっかく事務所に買ってもらった地下鉄切符

一ヶ月分を失ったらしいわ。。。



今度は自腹だわねやっぱり







も「よろしく」



ベネチア日帰りの旅
〜旦那に全てお任せの巻〜


その2




しばらくして「この辺だってナビが言ってる

けど見つからないじゃん」と旦那がうろうろ。。。





ベネチアのサンタルシア駅には
3時過ぎに着いた。

それから帰りの電車までの3時間を
どうすごしたかといいますと。。。。



駅を出てすぐ見える景色がこれ
0ece3cd5.jpg
San Simeone Picolo教会

そして

駅の目の前からボートが出てるので
そこから一区間だけ乗りました。
22c84441.jpg
a8718754.jpg
下船した後はまたまた旦那のナビに沿って
サンマルコ広場へ
82acad5a.jpg
こんなサインも出てる。
旦那のナビより早く探したよ!




それから広場に着いたけどすごい人で
47329618.jpg
サン、マルコ寺院に入るのにも長〜い列ができている。

もちろん時間のない私たちはパス!

cfbd3045.jpg
お昼も食べてなかったし疲れたのですぐに休憩!
9a75d069.jpg
46707bc5.jpg
ビールとパニーニ。。。

シーフードはどこいった?
もういいよどうでも!

疲れていたし探すのが面倒なので
明らかにツーリストトラップのお店に入った。

30分以上休憩!時間がないのに??


それから重い腰を上げて
ぶらぶらと町並みを楽しみました。
2207e681.jpg
6c66975b.jpg
ゴンドラ乗ってるのはほとんどが
中国人団体だった。
でも歩いた方がいろいろなものが
見えて楽しかった。
65005f20.jpg
70ad983d.jpg
どんどん道が狭くなっていくのです。

そして人も少なくなっていく
おいおい大丈夫かってかんじ
だけどナビがこっちというので

そして時々教会に入って
ecd8e8e6.jpg
afd3900a.jpg
2c407731.jpg

結構のんびり歩いたのに駅に戻ったら
電車の時間までにまだ1時間もあった。

で、私たちはさてその一時間
どうしたでしょうか????


ずーっとこの駅の前の階段で
座って休憩してたよ。

でも景色がいいし気持ちの良い日
だったからよかった。

それに人観察って最高に楽しいわ!


それから電車に乗ってブレシアへ

着いたら10時近かった。

でもまだ街はこれからって感じでしたね。
小さな街なのに、さすがイタリアです。

90d42f64.jpg
1657c64c.jpg
なので私たちも帰り道でワインと軽い食事を食べた。

以上、ベネチア日帰りの旅でした〜。


明日レッチェに戻ります!

朝7の電車で約10時間の旅だよ。


イタリア15へ続く。





ベネチア日帰りの旅
〜旦那に全てお任せの巻〜


出発前の準備。。。





まー旦那は仕事でここにいるわけだから
遊びの予定は後回しになるのは
仕方ないんですがね。。。

はいはい。。。。続くよ








c0122a27.jpg
89403d7c.jpg
96a73f04.jpg

興奮したよ〜。
美味しいそうなものがいっぱい!

プロシュート、チーズ類なんて塊で
いろいろ売ってたし日用雑貨とかも
安くていろいろ売ってた。

もうほとんど終わりがけだったけど
まだまだ人がいっぱいいた。

イカリングとか美味しそうだっただけど
この時点ではお腹も空いてなかったし
買おうとは思わなかった。だって
「ベネチアで、もっとおいしいもの食べなきゃ!」
ってめちゃくちゃ期待してたから。


イタリア14へ続く

↑このページのトップヘ