アメリカンドリーム - 4コマ漫画

アメリカ生活絵日記:現在は昔のダンナとの馴れ初めから書いてます。

2018年01月

日本滞在記を
1から読む。


助かる介護ヘルパーさん訪問も

もうこれで4回目になった。

そして。。。。


1-31-2018-Japan26


横腹と肋骨を風呂の縁で

思いっきり打ちました。



息できないし、めちゃくちゃ痛いし!

呼びました救急車


そしてじ〜さんが入院していた同じ病院へ

まさか自分がこんな形で運び込まれるとは






日本滞在記
24へ続きます。。。


冬の日本滞在記1から


日本滞在記を
1から読む。



退院後初めて

訪問看護ヘルパーさんが

来てくれた。。。。

1-29-2018-Japan25



1-29-2018-Japan252



びっくりでした!

ヘルパーさんがやさしい、やさしい!

まるで幼稚園の先生のようにスウィートな感じ



もうこれでじーさんの回復も早まること

間違いなしです!


ほんとうにありがたい!



日本滞在記
23へ続きます。。。


冬の日本滞在記1から

日本滞在記を
1から読む。



約5週間の入院を終え

。。。。

1-26-2018-Japan24



ほんとにいい加減にしろと言いたかった。


じーさん、胃はどこも悪くないので

3分粥5分粥のまずい病院食が続き

甘いお菓子が恋しかったのだろう。


だから目の前に置いてあった

すでに袋の開いていたかりんとうへ

迷わず手が伸びてしまった。


気持ちはわかる。。。わかるが

手だけは洗ってくれ!


今までもオシッコだけなら

手を洗わなかったじーさん

汚いなぁ


が、これからはそうはいかんだろう!



この日から私は、本当に口うるさい

鬼のような娘に変身するのであった!



1-26-2018-Japan242
じじ〜東風


日本滞在記
22へ続きます。。。


冬の日本滞在記1から

日本滞在記を
1から読む。


お試し帰宅の次の日、

父の本退院についての話し合いのため

我々3人は病院へ出かけていった。


。。。。


1-25-2018-Japan23



と、自分から病院を選んだジー様だった。



病院は暑いぐらいに暖房がきいている

そんなところで一ヶ月以上暮らし

体重も8キロぐらい減った老体には

やはり古い木造の家は堪えたようだ。


それに病み上がりで心身ともに疲れている

母のためにもその選択が一番ベストだった。


どれだけ看護婦さんが苦笑いしていようとも。。。


よろしくお願いします


日本滞在記
21へ続きます。。。


冬の日本滞在記1から

日本滞在記を
1から読む。


本退院する前のお試しで

一晩父が帰宅した。。。


1-24-2018-Japan22
ベッドから布団がずり落ちるし

トイレにも頻繁に行かないといけなくて

眠れなかったと主張。。。



いや寝てたぞ。。。



仕方ない。。。。取りあえず。。。

ベッドを部屋の隅に押し付けて

布団がずり落ちないか

また様子を見ることにした。




ということで我々3人は

寝不足のまま病院へ。。。。

お試し帰宅の報告と人工肛門が

うまく貼れているかの確認

そして本退院の日にちを決めるため

出かけていったのでした。。。。。




日本滞在記
20へ続きます。。。


冬の日本滞在記1から

日本滞在記を
1から読む。


手術から5週間後、

本退院する前にお試し帰宅ということで

父が家にもどることになった。。。


1-23-2018-Japan21


そしてベッドも嫌がった。。。


でも返品できないし寝てくれよ!

お試し帰宅だもん。お試ししてくれよ!

おねがい 


そしてとりあえず寝てもらった。。。


。。。。。


はぁ〜この先どうなるかなぁ。。。。


うふふふふ〜



母と二人の時の食事は本当に簡単で

お昼にこんなの食べてみたりした。
1
そして味比べ

わたし的には。。。。

キューピーの勝ち〜


日本滞在記
19へ続きます。。。


冬の日本滞在記1から

日本滞在記を
1から読む。



1-19-2018-Japan20
????



やっと退院をしていいと許可が出たのだが

人工肛門の替えもあるので、本退院の前に

一晩『お試し帰宅』ということをして

どんな調子か見てみることになった。。。。


日本滞在記
18へ続きます。。。


冬の日本滞在記1から


日本滞在記を
1から読む。


人工肛門の袋の取り替えを

母がやったら。。。

1-15-2018-Japan183


なので取り替えのための介護ヘルパーさんを

退院後は頼むことにした。


そしたら。。。。


1-18-2018-Japan19


なんだって。。。




1-18-2018-Japan192


と言ってみたが、そういうことは

そういうことらしい。。。




なのでまたバー様が今回も取り替えた。



そしたら今回のは看護婦さんが言った通り

簡単でやりやすかったらしく



1-18-2018-Japan194


と一瞬金勘定をしてしまったが、

また考え直しやはり初めの一ヶ月は

来てもらうことにした。

  

こうして徐々に退院の準備をしていった。



日本滞在記
17へ続きます。。。



冬の日本滞在記1から


日本滞在記を
1から読む。


術後、肛門は残っても腸をつなげた切り口が

しっかり治るまでは人工肛門をつけていた。

人工肛門(ヘソの横辺りから腸が出ていて、
そこに袋が付いている)



そしてその人工肛門の袋の取り替えを

入院中は看護婦さんが手際よく

交換してくれていた。。。。。


が。。。。。


1-15-2018-Japan18



1-15-2018-Japan18-2




。。。


なので取り替えのための介護ヘルパーさんを

退院後は頼むことにした。



日本滞在記
16へ続きます。。。


冬の日本滞在記1から


日本滞在記を
1から読む。


父がまだ入院しているので

81歳の母と二人の生活が続いている。

そしてある朝。。。。

1-11-2018-Japan17



家の掃除片付けで古い物は

強引にずいぶん捨てさせたが

食べ物だけは譲れない母。

特に冷蔵庫はもう神です。


日本滞在記
15へ続きます。。。


冬の日本滞在記1から


↑このページのトップヘ