アメリカンドリーム - 4コマ漫画

アメリカ生活絵日記:現在は昔のダンナとの馴れ初めから書いてます。

カテゴリ: キミコ



次女が話してくれる高校生活を
4コマ漫画の連載でまとめてみました。




第 8 話:アートクラスでの女子会話






やっぱり高校生ともなると過激な会話が飛び交うようで、

親が聞くと「それは先生に言った方がいいんじゃないの?」

と言いたくなるような内容の時もあるんですが、

子供の噂話なのでホントなのか嘘なのか・・・・・・????


たとえば今回は、彼氏にレイプされたから

訴えるだとかなんだとか・・・

w|;゚ロ゚|w ・・・・ほんとか?


まーとにかく娘は後で「ほんっとうるさくてさぁ、

こっちが集中出来ないんだよ」と怒っておりましたが、

そりゃーそんな内容じゃー気になって仕方ないだろう。



つづきます。



次女が話してくれる高校生活を
4コマ漫画の連載でまとめてみました。



第 9 話:放課後の暗室



つづく



ほんと怖いよ、高校生の運転。

どのぐらい怖いかって?




まーこれぐらいかな・・・。





次女が話してくれる高校生活を
4コマ漫画の連載でまとめてみました。




第 10 話:お化けが出る噂の暗室


写真現像の宿題をする友達と一緒に
キミコは放課後、暗室に本当にお化けが
出るのか確かめにやってきた・・・


肝心な時に頼りにならないキミコ・・・・

暇があると直ぐにアイポッドで音楽聞くのが

癖になりすぎてるんだよ!


つづく。










シロお前もか!








次女が話してくれる高校生活を
4コマ漫画の連載でまとめてみました。





第 11 話:やっぱりね
















これから友達の運転する車で二人は

どこに買い食いに出かけるのでしょうか。


つづく












次女が話してくれる高校生活を
4コマ漫画の連載でまとめてみました。




第 12 話:これか・・・













アメリカは車検制度が無い。

始めは驚いていた娘も

最近では平気で乗せてもらっている。


最終回へつづく



それにしてもアメリカの若い子供達も汚くだらしない。

これは万国共通なのか・・・困ったものだ。


先日テレビで、若い女の人が家を借りるために

家主に会いにいったら、家主が

「あなたの車を見せてくれる?」と聞いたので、

理由を聞いたら、「車の中を見たら私の家を

どう使うか分かるから」と言い、もちろん

契約は破棄になったという話をやっていた。


う〜んこれはいい考え・・・だけど、

我家の娘達も軒並み断られるタイプだな。



次女が話してくれる高校生活を
4コマ漫画の連載でまとめてみました。




最終回:やっと一日が終わった。











と毎日、こんな高校生活を送っている次女でございます。


おわり





今週は学期末テスト週間。

さきほどチラッと様子を見に行ったら、

どうもお勉強が手に付かない様子・・・

いつものことだが今回の理由は、

この漫画の友達が鬱になって悩んでいるから

心配だとか・・・。



かわいそうだけど、慰めるのは

テストが終わってからにしてね。

じゃないと今度はあんたが鬱になる番だよ。











先週の期末テストのストレスと寝不足で太り・・・

冬休みに入った開放感からまた太り・・・

そして年末年始のごちそうで・・・

”さらに”太る予定のキミコ嬢でございます。



毎日こんなもの作って食べてりゃ太るよね。











アメリカ時間ね・・(-"-;A 汗





「高校生の恋愛問題」


前編








この年代になるとみんな焦って

彼氏・彼女を作りたがるらしい。

でも誰でもいいって問題では・・・


この後、どうなったと思う?

後編につづきます。







高校生の恋愛問題ー前編のつづきです。



ありえないと騒いでいましたが、

丁寧にお断りしたそうでございます。











と、アホな漫画にしておりますが、実は

とってもこわいことが次女の学校で昨日起きたのです。


それは一人の男子学生が悩み相談所に電話してきて、

「今から他の学生全員を殺して、自分も自殺する」

と言ったんだそうです。


もちろんすぐに警察から学校に連絡が入り、

なんらかの安全対策は取ったらしいんですが、

その電話をした学生が誰なのか、そして

どのような対策をとったのか等の細かい事は

他の学生や保護者には知らせてこなかった・・・

たぶん今後も事件にならない限り知らせてこない

・・・と思うのです。



そんな不安の中、今日も学校は普通にありました。

もちろん次女も行きましたが、アメリカって

銃が簡単に手に入る国だからほんとに怖いです。


自分の身は自分で守るために銃が必要って言うけど、

「銃で身を守った数と人が殺された数を比べてみよう!」

っての学校の算数の問題にするといいと思いますが・・・。




↑このページのトップヘ