アメリカンドリーム - 4コマ漫画

アメリカ生活絵日記:現在は昔のダンナとの馴れ初めから書いてます。

カテゴリ: キミコ






これほんとの話。



クラス中が唖然としてしばらく「しーん」としてたらしい。

そして一人の生徒が「じゃー葉っぱも2次元?」って聞いたら。。

もちろん答えは。。。「2次元」だった。

どうする?こんな先生が存在して?

この学校区はオハイオでもまーまーのところなんだけど

古い市なので未だに派閥やコネの力で先生とかも決まってしまうとか。

困ったものだ。







やればやるほどひどくなるから
途中であきらめたんだって。







まー確かに、誰かに話すと辛い気持ちってちょっとラクになるよね。

でもかわいそうな話とか怖い話とか、ほんとにあたしはダメなのよ。

朝からそんな話を聞いたりすると一日中落ち込んだりするから

ほんとに聞きたくないんだ。悪いけど自分の中で処理してね。
















自分の子供にはあまり期待してないつもりなんだけど、

やっぱりどこかで期待があるみたい。だから悪い態度とか

成績とか取るとガッカリするもの。でもその気持ちを

ダンナに言っても次女には甘いというか、すぐに

「ママの子だよ。自分は高校のときどれだけ勉強したの?」

とか言われ、「ハイ、そうですね。」と話はそこで終わってしまう。

面白くない。。。

でも長女は妹思いだし、アメリカの教育を受けていて

いろいろ知ってるからついついアドバイスしてもらおうと思って

相談するんだよね。なにしろ来年次女は高校のシニアだから

大学受験に向けて大変よ。








類は類の友達で、二人してぼーっと隙だらけだから

こういうことが起きるんだよ!

続きます。



前回の話





そして。。。







友達は背も高くて細い。そして髪を赤く染めているので

なんとも目立っていたみたいだ。


だから実は声をかけてきたとき「どこ行くの?」ではなく

「髪の毛が消防車色だねぇ、かっこいい〜」

だとかなんだとかわけの分からないことを

ぼそぼそ言ってきたそうだ。(笑)





だから完全にキミちゃんのことは眼中に無かったのだ。












「もうすぐだよって言ってんだからスピードぐらいゆるめておけよ!」




というぐらいすごいスピードで運転するらしい。(怖)



なかなか帰って来ないから聞いたら、

このまま二人はシンシナチの方までずんずん進んで

途中でUターンしてきたらしいです。



まーナビする娘ものろいので運転手は運転手で

いろいろ言い分があるだろうと思いますが。。。


二度と彼女の運転でハイウェイはゴメンだそうです。




やっぱり高校生の運転って危ないわ。








ほんと親子だな〜って思っちゃいます。

さてこのコスチュームどうなるんでしょうねぇ。

現在も頑張って作成中です。




先週の話。







ほんとに突然やってきたんだよ、その子。

実はもう一人の友達がアナを呼んでいたんだけど、

他の友達には当日まで内緒にして驚かせたかったんだって。

。。。


計画どおりしっかり驚いたよ、あたしが。。。。




次回は次の日の朝の話です。






「突然やって来た」の続きです。







てっきり鞄も持って次に泊まる友達のところに行ったとばかり思ってた。

でも鞄が置いてあるってことは取りに戻ってくるってことなんだけど、

花火を見てから帰って来たら遅くなるよね。

ということはいつ帰ってくるか分からない二人を

私は起きて待ってないといけないってわけだ。

も〜う、高校生たちよ!ちゃんと予定を前もって言ってくれ!




さて二人はいつ帰って来たでしょう?次回に続きます。


↑このページのトップヘ