アメリカンドリーム - 4コマ漫画

アメリカ生活絵日記

カテゴリ: イタリア2015年5月~7月

無事に着きました!

ローマに着くときの写真

心配していたアリタリアの飛行機にも無事に乗れました。

でもローマの空港での入国審査のところがめちゃくちゃでした。
becfe9f3.jpg

火事があったから一つの場所に集中したらしいです。

でもその火事も何日も前の話なのだから

もう少し列の整理をちゃんとしてくれればいいのに、

みんなが我先にと押し寄せてごった返してました。

入国審査のゲートはこの写真のずーーーっと先だった。

誰もが疲れてるからひどい状態でした。

まーこれも無事通過でき、ブリンディッシのアパートに到着。

14889e99.jpg
468acac7.jpg

思った以上に広くて天井が高いのにはびっくり。
昔の城壁内にあるヒストリカル地区になっている。

全てがこじんまりして歩ける範囲です。








昨日はレッチェに着いたばかりだったのでお昼は外食にしました。


86b9551e.jpg
当然のように外の席に案内される。私としては排気ガスを吸いながら

食事はしたくないのだけれど仕方ない。まぁそれにこの地区は車の通りが

限られているので、今回はそれほど苦にはならなかった。。。
b67f46f7.jpg
ワインが安い。ハウスワイン500mlで500円ぐらい。

まーまー美味しかった。なのに、
f0764804.jpg
食事が大したことないのに高かった〜

やっぱり観光地のレストランって怖い。



さっそく近くのスーパーへレッツゴー

城壁からそとに出て小さなスーパーで

とりあえず朝のご飯を買ってきました。
991a3595.jpg



その材料で朝はハムエッグと野菜。

c09d4cc5.jpg


そしてアパートに付いていたエスプレッソのポットで

イタリアンコーヒーをダンナが淹れてくれました。。。。
69ed0be6.jpg
ちょっとイマイチだったか。。。

明日はもっと美味しく淹れられると思うよ??旦那に期待。


昨日は普通のスーパーに行ってきました。
55a24a00.jpg

どこもスーパーは同じ感じなので助かる。

チーズとハム類をみんなが量り売りしてもらっている。

これは言葉がわからないと無理だよね。ハードル高いわ!

パンとか野菜も量り売りが多かった。こんな機械が横にあって


自分で商品番号を入れて測ると値段のシールが出てくるのでそれを貼る。

もちろんなにが書いてあるかさっぱりわからなかったけど

他の人のやるのを見て真似したらできた〜。

ふじりんご2つで0.76ユーロ約100円だった安いね。



そして夕方街をふらついていたら八百屋さんがあったのでちょっと入ったら

お兄ちゃんがいろいろ勧めてくれて何か買わないと悪と思い小ぶりのスイカと

新鮮そうなアスパラガスを買った。

アスパラは今日の朝食に半分使っちゃったのでこの倍はあったよ。
これで10.07ユーロと言われたけど切りのいい10ユーロにまけてくれた。

こんな八百屋さんがあちこちにたくさんあるんだね。

交渉次第ではもっと安くなるみたい。だけど無理だわ。

全然イタリア語が覚えられな〜〜〜いもん!








昨日は旦那の仕事の友達と食事に行きました。

それも8時30分から。。。イタリアの夕食は遅い!

お店も7時、8時から開いて夜中の2時ぐらいまでやっている。

お客も9時ぐらいからどんどん入り出して、10時ぐらいがピーク。

昨日は日曜日だったのにね。。。すごいバイタリティー!

そしてその強いイタリアを少し垣間見た4コマです。


誕生日だもんね。えっ??



あの黒ずくめの衣装もイタリアのおじさんだった!

(許可をもらったよ)


そして昨日の食事。。。


馬の肉だよ。。。旦那が食べた

一口もらったけどまーまーいけた。


これはイタリアでは食後に飲んでご飯を消化させるお酒だとか??

冷たく冷やして飲むお酒で、グラスも冷凍庫から出てきた。

レモン味で飲みやすいけど強い!騙された!

今日は半日気持ちが悪かった!









と、びびっておりましたが、
今日学校へ行ったら
それほど濡れてなかったらしい。

よかったよ〜。
コンピューターまだ新しいのに。。。

それにしても激しい雷雨でした。
目が覚めてそれから時差もあったし
朝まで眠れなかった(涙)

でも久しぶりに雨が降って、アパートの壁を這ってる
蔦の葉たちはとっても嬉しそうでした。

ad6508d5.jpg
9162bb68.jpg
アパートの目の前にあるアイスクリーム屋さんで買った
ピスタチオとハウススペシャルの二種類。

ピスタチオは美味しかったけど
ハウススペシャルはいまいちだったな〜。

なんでも混ぜてスペシャルにしたって感じ。。。

やっぱり私はシンプルなのが好き。
今度は違うの頼んでみよう。

アパートの前の道はいつも観光客でい〜〜〜〜っぱいです。







今住んでいるアパートには週一回ハウスキーピングが入ります。

今日はその日だったので、朝から一人で街をうろつきました。

本当は一人でうろつくの嫌いだけど仕方ないね。

アパートを出て、旦那と一緒にまずはお茶をしました。



これがこの地域(ブッリャ州)で有名な冷たいサレンティーノコーヒー

このエスプレッソには甘いアーモンドミルクが入っていました。

今回のはちょっと甘すぎたので次回は違うカフェでも飲んで

味を比べてみたいと思います。

そして旦那は仕事に行き、私は一人で街をぶらぶら。。。



2世紀に建てられた円形闘技場です

何世紀も埋もれていたけれで、現在は半分だけ発掘されています。

後の半分が発掘できないのは、教会が建ってるからだそうです。



次はサンタクローチェ聖堂
野菜、動物、グロテスク等の彫刻やバラ窓が有名だそうです。

なんか運が悪いのか、、、古いから仕方ないんだけれど

どこへ行っても修理中です。。。ま、とにかく次回中に入ってみます。



そして雨がパラついたのでコーヒー屋さんへ

カップを置く位置が考えてあるなぁ、スプーンを置くために少しずれてる。


と、うろうろしてたらハウスキーピングも終わったようだし、

雨ももっと降りそうなので帰ります。










現在私たちは、長期滞在型ホテルに泊まっている。


だから。。。。




素振りぐらいじゃぁ絶対止まってくれないよ。

一歩!

一歩を踏み出さないといけないのだ!


こうやって。。。。



ってね。


でも慣れない私には自殺行為!ちょっとだけちょっ〜とだけ〜

ちゅうちょしちゃったので。。。。。

「おいおい渡るんかい渡らんのかい!」みたいな勢いでトラックが。。。



ってギリギリで止まった!


そしたら運ちゃんが。。。



ってバカにしたように手を上げて真似してたわ。

イタリアンだね〜ハイハイ(´。` ) =3


そして無事道を渡って。。。
この青い看板のお店のランドリーへ。

すごく感じのいい小綺麗なお店で(外からは想像できませんが)

お店の女性も真面目ないい人だった。英語も上手だし。

洗濯乾燥一回で6ユーロ。そしてオプションがあって2ユーロ追加して払うと

洗濯機から乾燥機に移してくれ、さらにたたんで袋に入れておいてくれる。

もちろんこれを選びました。ふた袋なので16ユーロ。

行ったり来たりが面倒なので。。。そしたら支払いは合計14ユーロだった。

多分2袋だったから2ユーロまけてくれたみたい。

イタリアってすぐおまけしてくれる〜〜。いいじゃん!

でもそのかわり、チョンボもよくするらしいが。。。




洗濯物を洗濯機に入れて、外に出たらまた雨が降ってきた。[#IMAGE|S57#]なので

交差点の真ん前にあるスタンドカフェで一人でお茶を飲みました。

モニュメントの塔を囲んで道が回ってるの。それがその交差点です。

そして交差点を渡ったカフェ側(城壁の外に出る。城壁内はヒストリカルな観光地)

ちょっと下町風で、このカフェとランドリーがあるところ。

カフェには朝から近所のおじさんたちがたむろってました。
だから一人で入るのちょっとだけ勇気がいったよ。[#IMAGE|S8#]

今は二人だけどこの後どんどん増えたしね。

み〜〜〜〜んなタバコ吸うんだよ。。。煙かった。

でも犬が可愛かった〜。[#IMAGE|S53#]



イタリア、レッチェでこんな生活しております。



ではまた〜。。。チャオ








へたに「なんだ英語にも日本語にも似てるから簡単じゃん」

と思ってしまっていたのが混乱のもとだったわね。。。

いざ使おうとすると。。。あれれ?。。。
だけど絶対思い出さないと悔しいじゃないの。。。みたいな(笑)




それに観光地で暮らしていてはダメだ〜。

どこへ行っても必ず誰かが英語をはなせるから。



そしてこれが今回飲んだイタリアのビッラです。

。。。と思ったら実はオーストラリア産だって。。。

なのにイタリアのメーカー「ペローニ」
お店はここ。
安くて気軽に食べられるお店です。気に入りました。

英語も通じるしね。。[#IMAGE|S37#]へへへ

エビ、スモークサーモン、卵と野菜のサンドウィッチ
プロシュートとチーズのオープンサンド
エビのサンドは多すぎて食べきれず、半分お持ち帰りして

次の日の旦那のお弁当になりました〜。ラッキ〜!



アップした記事が消えてしまいました。


Anyway...




現在は、ローマを経てブリシアという小さな町に来ています。

だいたいミラノとベニチアの間に位置します。

旦那はここで一週間お仕事です。その後またレッチェに戻ります。

83c6c1e8.jpg
この町の人はレチェと違ってほとんど英語を話さない。。。

これからどうする???

↑このページのトップヘ