アメリカンドリーム - 4コマ漫画

アメリカ生活絵日記

カテゴリ: 3世代ファミリー旅行

『3世代ファミリー旅行』
in 2014 Summer

第1話

L-F-1





こうして我ら6人は。。。

L-F-title2

に出発したのでした。






年齢も性格もまったく違う6人が2週間も一緒に旅をすると

ほんと!いろいろあるわ〜。





覗きにきてくださいね。





では続きはまた明日〜。



m(_ _)m ポチッとよろしくね〜!m(_ _)m 
kimi



二つとも押してもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ


次回の励みになります。
ありがとう。また遊びに来てください!

「3世代ファミリー旅行」
イギリス/フランス編
in 2014 Summer
第1話から読む


第2話

9-6-2015L-F-2



L-F-22






ファミリー旅行だが、アメリカと日本で出発地点が違った。

なので航空券もネットで別々に購入。そうするとやはり

一番安い券ってことになり、日本からはホンコン経由の

セッコイ航空(仮名)になっちゃったわけ。乗り継ぎ時間もあったし、

この時台風が来ていて揺れたし、出発できるのか気を揉んだりして、

さらに英語の問題があったから余分な神経を使い、相当疲れたようだった。

長い飛行機はほんとに疲れるからわかる。。。。

しかし旅はまだこれからなんだけど。。。2週間もある。大丈夫かなぁ?



つづく。。。。。



m(_ _)m ポチッとよろしくね〜!m(_ _)m 
kimi



二つとも押してもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ


次回の励みになります。
ありがとう。また遊びに来てください!


「3世代ファイミー旅行」
イギリス/フランス編
in 2014 Summer
第1話から読む


第3話

ヒースロー空港にやっと到着して。。
L-F-3



こうしてオイスターカードも購入でき

後は地下鉄に乗るだけだった



のだが。。。


L-F-32


異国では思いもよらないところでつまずくものさ。。。

なので年寄り連れの旅行は常に助け合いが必要なのです。

と言っても地下鉄のゲートって自分でやるしかなく助けようがないよね。


まーそれもなんとかクリアして我々一行は、冷たい他人の視線を感じながら

ピカデリー線でキングスクロス駅に向かったのでした。

L-F-43



まだこれ初日の出来事(/TДT)/

つづく。。。。


m(_ _)m ポチッとよろしくね〜!m(_ _)m 
kimi



二つとも押してもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ


次回の励みになります。
ありがとう。また遊びに来てください!




第1話から読む



「3世代ファミリー旅行」
イギリス/フランス編
in 2014 Summer
第1話から読む


第4話


L-F-4



これから4日間泊まる場所はフラットと呼ばれるアパート

のような所でAirB&Bを通して借りた家具付きの住居……


理由は。。。

London-France6-3C



全てオンラインでのやりとりなのでちょっと不安だったが、

無事に目的の場所にだどり着きホッとした。

全ての旅行計画を立てた幹事の私としては、

6人も引き連れて、それも年寄りいて、

旅先での失敗が本当に怖かったよ〜、

電車も宿も全て予約してあるんだから。。。



L-F-42




これは予想してなかったわ!確認するべきだった!

こんな些細なことでも引率者の私は「しまった〜」と思っちゃうの。。。



我々の部屋は3階にキッチン、リビング、ダイニングがあり

その上に(4階)にクイーンのベッドルームが二つあった。

子供達はリビングに簡易のマットレスを使って寝た、


もうこの日は誰も階段上り下りしたくないからってんで隣にあった

中華のお店でテイクアウトしてみんなで食べました。美味しかった。


では次はロンドン第1日目の話です。

とんでもなく予想外のことが起きた!




m(_ _)m ポチッとよろしくね〜!m(_ _)m 
kimi



二つとも押してもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ


次回の励みになります。
ありがとう。また遊びに来てください!




第1話から読む


「3世代ファミリー旅行」
イギリス/フランス編
in 2014 Summer
第1話から読む




第5話


L-F-5



と、引率者として提案をしてみた。。。が、


L-F-5-1


あまりの人の多さと暑さに、みんな諦めが早かった。


まっ「バッキンガム宮殿に来た」という事実だけで

満足しておくことにした。遠くからちらっとは見えたしね。



この日も朝からすっごく暑くて大変だった。

そして夏休みということもありすごい人!
L-F-52

はっきり言ってそれだけで疲れてしまう。

その人混みをかき分けてまで見ようという勢いもさすがになくなる。


L-F-53
もう去っていくところ。

L-F-54


ネットでは議事堂内のツアーは申し込めるが

アフタヌーンティーは電話予約だった。

日にちも人数も限られているので2ヶ月前から予約して

お金もイギリスにいる春子に払ってもらい計画者の私としては

この旅行の一つの大きなイベントだと思い張り切っていた。

そしてもちろん用意は万全だった!

L-F-55


予定は全て頭の中に入っている。が、聞かれたので

一応自分で作った予定表を取り出して確認してみた。


ら。。。。


L-F-56

信じられない!信じられない!

なんで3時だと思っていたんだろう。

この時点ですでに12時50分。

この時のショックは言葉では言い表せません。

旅行の計画は何ヶ月も前からやっていて

完璧なはずだったのに。。。


長いのでつづきはまた明日。。。



m(_ _)m ポチッとよろしくね〜!m(_ _)m 
kimi



二つとも押してもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ


次回の励みになります。
ありがとう。また遊びに来てください!




第1話から読む


「3世代ファミリー旅行」
イギリス/フランス編
in 2014 Summer
第1話から読む


第6話

L-F-6



こけちゃったよ〜!



もうダメだ〜、もうダメだ〜



老人が転けちゃったら。。。





L-F-611


それも1日目で!



と、思ったら戦争を生き抜いたばーちゃんは強かった


L-F-62

バッキンガム宮殿から国会議事堂は本当に近くて

車でほんの5分ほどで到着した。

L-F-67


これならまだ間に合いそうだ。

L-F-63



L-F-64


今度は本当にもうダメだ!






だけど諦めきれない。。。



L-F-69
それから係りの人に必死に食らいついた。

そしたらその甲斐あって、ガイド付きのツアーは

間に合わないが個人で議事堂内を見学していいと言われ

その後のアフタヌーンティー券ももう一度

発行してくれることになった。
L-F-610

今でもあの時の係りの人の顔を思い出せるよ。

後光が差してた。。。天気良かったから



L-F-66


3時だと思ったのは3時からがアフタヌーンティーで

その前の国会議事堂ツアーは1時からだったのだ。

そしてその二つがペアになったツアーだったのだが、

アフタヌーンティーだけがあまりに楽しみだった私は

すっかりその国会議事堂ツアーの部分が頭から抜けていたわけです。



L-F-68
よだれ垂らしてる顔がお見せできないのが残念です。




本当はこの後、夜の10時まで開いているTate Modern美術館に

(普通の美術館は5時ぐらいに閉まっちゃう)

行く予定を立てていたのだが、もちろん年寄りと中年グループは疲れ切って

この後すぐに宿に帰り、若者二人だけが出かけて行きました。

まったく予定って予定でしかない。。。





もしこのツアーに興味がある方はこのサイトに行ってみてね。
ビッグベンツアーとお茶


次はロンドン市内バスツアーの話です。




お帰りの前に〜
m(_ _)m ポチッとよろしくね〜!m(_ _)m 
kimi



二つとも押してもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ


次回の励みになります。
ありがとう。また遊びに来てください!



第1話から読む

「3世代ファミリー旅行」
イギリス/フランス編
in 2014 Summer
第1話から読む


第7話

L-F-7
バスは。。。



L-F-72



10428678_10204627604554650_1938220178835702366_n


じーちゃん、ばーちゃんが疲れないように

ロンドン市内1日観光バスツアーに参加したが、

この日も暑かったのでバスツアーにして正解だった。


引率者の私としては前日に大きな失敗をしているので

今回はちゃんと集合場所へたどり着き正しいバスに

乗れるかどうかが心配だった。ビクトリア駅は広いし

いろいろな会社のバス停がいろいろなところにあるのでほんと混乱!

周りの人に聞きながら駅の中の集合場所を探し当てたのだが

同じ会社でも、これまたいろいろなツアーを出しているので

並んでいても列同士が近いし長くて曲がったりしているしで

「ほんとにこの列で大丈夫か」と心配で。。。係りの人も

ほとんどいなくて急に隣の列とかが動き出してバスに乗って

行っちゃうから『おいおいお〜い』Σヾ( ̄0 ̄;ノ

正しいバスに乗り込むまでハラハラでした。

L-F-74
と、1分毎に確認しに行かせていた。


とにかく無事に1日が終わって、、良かった。。。

次はロンドン3日目です。



m(_ _)m ポチッとよろしくね〜!m(_ _)m 
kimi



二つとも押してもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ


次回の励みになります。
ありがとう。また遊びに来てください!




第1話から読む

「3世代ファミリー旅行」
イギリス/フランス編
in 2014 Summer
第1話から読む


第8話




イギリス滞在中はいつも姉とビクトリア駅にある

セインズブリーのスーパーで買い物をして朝食は宿で食べた。

L-F-82

日本では高いベリー類が安くて新鮮なのでみんな喜んでいた。



そしてロンドン3日目は
L-F-83
広〜い大英博物館をゆっくり見て過ごした。



そして4日目はまたまた1日バスツアー
L-F-84


L-F-85



そして神秘で謎に包まれたストーンヘンジへ
L-F-86


そしてそこでは、神秘で謎の。。。。


細かい虫に我々は包まれた。

L-F-88


なにあの細かい虫は??ほんと気持ち悪かった。

特にオープンののろ〜いバスみたいなのに乗って

チケット売り場からストーンヘンジ間の草原を横断してる時、

気がつくと黒いバックパックが虫だらけになっていたもん。

誰かあそこに行って気付いた人いる???


ああ!それよりもっと大きなストーンヘンジ(スーパーヘンジ

今のストーンヘンジの15倍ほど)がこの近くに埋もれていることが

わかったらしいから、またいつか見に行かないといけない!

00 PM

09 PM
CNNより

けど発掘にどれだけかかるのかなぁ?

私が生きてる間に終わるのかなぁ?





この次はパリに向かいます。



ブログランキングに参加中です!
m(_ _)m ポチッと一票よろしくね〜!m(_ _)m 
kimi



二つとも押してもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ


次回の励みになります。
ありがとう。また遊びに来てください!




第1話から読む

「3世代ファミリー旅行」
イギリス/フランス編
in 2014 Summer
第1話から読む


第9話

L-F-9


旅の計画に必要なものは『タイミングと決断力』




こうして事前に購入していた切符を持って

我々はロンドンからパリに向けて出発した。

もちろん荷物を全部持って地下鉄で!

L-F-92



そしてセントパンクラス駅からユーロスターに乗り、

L-F-93


無事にパリ北駅に到着することができた。

L-F-94


しかし我々は北駅から今回の宿までさらに地下鉄で移動!

L-F-95


しかし今回の宿はパリのBoulogne Pont de St Cloud駅

付近にあり、地下鉄を乗り継いで50分かかった。

パリでもAIRB&Bを使って普通の家を借りたのだが、

6人収容してくれる宿が少なく遠くになってしまった。


しかし計画時にはグーグル地図でちゃんと下見して

L-F-96


これで大丈夫だろうと判断したのだが、

実際に荷物を持って移動してみると予想以上に大変だった。


9-13-2015L-F-9




こんなにパリの駅が年寄り観光客にとって不便で汚いなんて。。。

噂には聞いていたが初めて行ってほんとに驚いた!




次回はパリの地下鉄での体験談。



ブログランキングに参加してます
m(_ _)m ポチッと一票よろしくね〜!m(_ _)m 
kimi



二つとも押してもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ


次回の励みになります。
ありがとう。また遊びに来てください!




第1話から読む


「3世代ファミリー旅行」
イギリス/フランス編
in 2014 Summer
第1話から読む


第10話

L-F-10


この時代に「すごいな」という驚きしかない。


L-F-102


初めは焦った〜。

我々の目の前のドアだけが開かないじゃない!

しばしボーゼン。。。
L-F-105
『ま〜た変なアジア人集団が戸惑ってるわ〜』

の状況だったと思う。。。。(笑)




でもこのレバーがまたキツくて、慣れないと結構焦る

\('◇';/ アレアレ \;'◇')/




ま〜こんな感じで、パリの地下鉄初乗り時には多少の混乱はありましたが、

無事に一つ目の電車をクリアーした我々は、次の地下鉄線(M10)に

乗り換えるため慌ただしく駅の構内を移動したのでした





そして。。。。





その移動中に、何やら怪しい声が...

L-F-101


振り返ったら....




L-F-102

L-F-103
ど、どうした!



。。。つづきます。。。



ブログランキングに参加してます
m(_ _)m ポチッと一票よろしくね〜!m(_ _)m 
kimi



二つとも押してもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ


次回の励みになります。
ありがとう。また遊びに来てください!




この旅の話
第1話から読む

↑このページのトップヘ