アメリカンドリーム - 4コマ漫画

アメリカ生活絵日記:現在は昔のダンナとの馴れ初めから書いてます。

カテゴリ:旅行 > サンフランシスコ2016年8月

サンフランシスコの旅第1話から



第11話:バークレーへ行く?


旦那はバークレー校で仕事中。。。


8-26-2016SF-trip12



みんないきなり行く気になったので

バークレーまで夕食を食べに。。。

いや長女の彼氏に会いに。。。





私は彼にはイギリスで一度会ったことあるんだけど

旦那はまだ一度も会ったことがない。。。

もちろんみんなも会ったことがない。。。

次女は今回何度も会ってるけどね。。。


さてどうなるかなぁ

IMG_0883
BARTに乗って

バークレーへ出発!


サンフランシスコの旅つづきます。


サンフランシスコの旅第1話から


サンフランシスコの旅第1話から


第12話:バークレーへ行く前に

8-27-2016SF-trip13



不安だわ。。。わたしも。。。




ちょっと前後しますが

バークレーに行く前のお昼が

美味しかったので紹介します。

IMG_0877

58-PM

IMG_0881

IMG_0879

IMG_1399
サラダ美味しかった!
IMG_1400
牡蠣も美味しかった!
IMG_1402
ここは肉料理が有名みたい。
IMG_1403
私はエビサンドにしたけど
イマイチだった。
やっぱり肉料理屋さんでは
肉を食べないとだよね。
IMG_0880
壁から牛さん見てるし。。。



でも私、最近牛と豚はやめてるからさ。。。


サンフランシスコの旅つづきます。


サンフランシスコの旅第1話から



サンフランシスコの旅第1話から


第15話:長女の彼と一緒に夕食

SF-trip14
酒の力はすごいわ。


しかしおいおい長女が恥ずかしがってる?

と心配したけど意外にも。。。。

SF-trip142


と喜んでおりました。


そしてこれからリフト(タクシーみたいなの)

を呼んでBARTの駅まで行きサンフランシスコの

ホテルまで帰るんだけど。。。。



続きはまた明日。。。。


*****



バークレーに着いて直ぐに

甘いものに目のない次女の目を輝かせた店

目がないのになんで目が輝く?

IMG_0884
Paris Baguette Bakery Café
韓国系のパンやさん。
IMG_0885
フランスのお店がオリジナル??

ま〜美味しかったよ。


そして暇なので大学の図書館を見学

IMG_0887


IMG_0886


入り口にこんな有名な人がいたので

一緒に記念撮影。。。。。


IMG_1396
新しい発見を教えてもらった。。。。けど
馬の耳に念仏だった。。。




図書館の近くにある、このなんの変哲も無い建物
IMG_0888
旦那はこの時ここで仕事中だった。



そして丘の上にあるサイエンスの建物が
展望台みたいになっているので車で登って。。。
IMG_0895
サンフランシスコとベイ
IMG_0892
しかしここも風が強くて寒かった。



サンフランシスコの旅第1話から




サンフランシスコの旅第1話から


第16話:事故が。。。

長女の彼氏を交えたディナーも無事おわり

我々はまたサンフランシスコのホテルまで

電車に乗って帰ることになった。


店からバークレー駅まではリフト(タクシー)

と、彼氏の車で送ってもらうことに


そして。。。


8-29-2016SF-trip15


成長したなぁ長女も。。。。

おばさんに。。。


そしてひとしきり運転手に文句を言って

みんなを見送った後も興奮冷めやらず。。。。

SF-trip152




SF-trip156



。。。。



SF-trip152




いやほんと怖かった。。。

旅先での事故なんて。。。

そして長女は遠いバークレーまで食事に

誘ったことで責任を感じていたのだろう



SF-trip154




わたし多分。。。。



SF-trip155


なんだい、それが全ての理由かい。。。。




そしていつものようにリフトからは後で携帯に

請求書が来てたけどさすがに請求額は0だった。

。。。そりゃー運転手も仕事失いたくないし、

訴えられたくないからね。



でも本当に何もなくてよかったです。

イギリス旅行の時もあったなぁ同じようなことが

気をつけないとね。。。。





夕食はこのインド料理屋さん
IMG_0896


IMG_0902


本当はバークレーで一番美味しい

インド料理屋さんへ行くつもりだったけど

6時に閉まっちゃうところだったのでここになった。

その美味しいというお店は Vik's って名前の

安〜いストリートフードのようなところらしい。

でも汚くてもいい、、、というか汚い方がきっと美味しいんだろう!

次回は絶対行ってみたい!



次の日に私たちは孫(娘たち)抜きで

日本語のサンフランシスコ1日観光ツアー

を楽しみました!次はそのお話です。


サンフランシスコの旅第1話から


サンフランシスコの旅第1話から



第17話:やっと普通のツアーへ
inサンフランシスコ

SF-trip16
そうなんだわ、私も安心してゆっくり楽しめるよ。



朝一8時半にツアー会社のバンがホテルまで迎えに来てくれた。

そして乗ってみると。。。。なんとお客は私たち4人!

ラッキーなようなちょっと寂しいような。。。。



まずは噂の脱獄不可能だった刑務所

があった『アルカトラズ』島へ
IMG_0906

ここにはツアーガイドさんは付いてきてくれない。
IMG_0910

実はこの船の券だけを個人的にネットで買おうと

したんだけど無理だった。2ヶ月ぐらい先までいっぱい。

でもHIS、日本の観光会社の1日ツアーに島の券が含まれていたので

ダメ元で申し込んだらラッキーにも券を確保してくれました!

さすが観光会社です!

IMG_0935
船からの写真を撮り忘れてのでので

レプリカ。。。

IMG_0915

船から降りてみんなちょっとした説明を聞いて

島の上にある牢獄まで歩いて登るんだけど
IMG_0946

IMG_0917
こんなシャトルが年寄りハンディーキャップのために

走っていたので乗せてもらいました。


日本語のオーディオも借りられるので

説明が良くわかってよかったです。
IMG_0937


IMG_0919
受刑者が使ったシャワー


IMG_0921


IMG_0929


IMG_0924


IMG_0933
行いが良いとちょっと自由があったみたい。

でも悪いことをすると。。。。

こんな狭くて暗いところに入れられた。
IMG_0931
入ったらすごい圧迫感があるし

ちょっとした音が狭い空間に反響して

音が襲ってくる感じ。。。怖くて

途中までしか入れなかった。

こんなところに1日でも入ってたら気が狂いそう。。。

IMG_0942
寒いしね〜〜〜



下りはシャトルが時間通りにこなかったので

歩いて下りました。
IMG_0949


IMG_0948
フィッシャーマンズワーフに戻って

早く温っかいお昼食べよ!

やっぱり定番のクラムチャウダー?


続きはまた明日。。。


サンフランシスコの旅第1話から



サンフランシスコの旅第1話から


第18話:命を預けた気分。

サンフランシスコ日本語1日ツアーは


23-PM
こんな感じだった。



そして。。。。


SF-trip17




IMG_0986
本当に寒かった!
だから3人ペッタリくっ付いてる(笑)

姉の撮影:いつも何かが入っている。指??



朝のアルカトラズ島(昨日の漫画)の後は

フィッシャーマンズワーフの定番のお店で

お昼、普通のクラムチャウダーを食べた。
IMG_0950
ボウディン


せっかくなのでこんな出店で
IMG_0952
ロブスターを茹でてもらって食べた。
IMG_0951
写真は取ってないけど
すごく食べ難かったし。。。。
(この後の言葉は自由に当てはめてください)



IMG_0956
ここは1915年の世界万博の建物が

そのまま公園になっている。

100年前に立派な建物建てたんだね。
IMG_0958

IMG_0961

IMG_0962


IMG_0981
ここも寒い!



最後に市役所
IMG_0987
ここは立派なので結婚式をよくやっている。

この日も二組やっていた。
IMG_0993
IMG_0989
そしてこの後ホテルまで送ってもらって

1日観光は終わりました。とっても良かったです。





それから。。。お姉さんの車の運転がすごい

と思ったのには理由があるの。実はこの次の日、

私たちはレンタカーでナパバレーまで

行くことになっていたから、それも私の運転で!

そしてそれをクリアーしたらその次の日は

なんと!ヨセミテまで運転するんだ!!!

わたし運転嫌いなんだよね。。。それもレンタカー

さてどうなる。。。。って生きて帰ってきたけどね。



サンフランシスコの旅まだまだ続きます!


サンフランシスコの旅第1話から


第19話:レンタカーでナパバレーへ


SF-trip18


日本でも旅行するとき私が「運転しようか?」

と聞いても「まーえー」と言って85歳の父は

自分で運転したい人。

よほど私の運転を信用してないとみえる。

そして私もそれ以上は聞かず「ああそう」

と言ってそのまま運転はお任せする。


でもさすがにアメリカでは「俺がやる」とは言わなかった。

というかはじめから免許持ってきてないけど。。。。




ということで
map4
サンフランシスコ市内を11時ぐらいに出発し、

お昼に旦那をバークレーで乗せてナパバレーまでという計画。

まーグーグルで見ると2時間ぐらいのドライブだから

大したことはないんですが、嫌なのは知らないところを走ること

そしてサンフランシスコ市内の運転+高速。。。不安だった。

車もレンタルで慣れてないし。。。。



この話続きます。


サンフランシスコの旅第1話から



サンフランシスコの旅第1話から


第20話:〜が多くて困るわ!


9-3-2016SF-trip19


次女と二人で完全に無視して走ってましたがね(笑)


IMG_1414



船頭が多くてはいけないわけですよね!

出発から一生懸命ナビしてくれて、どのワイナリーに

行くのかも計画立ててくれている娘に途中から乗ってきて

それもナビのアプリなんてほとんど使ったことない人間が

中途半端に指図してはいけないわけですよ。

いくら自分が年上だろうと(笑)


IMG_1412
IMG_1415
これはもう旦那を乗せて

ずいぶん走ってから出てきた橋。

ここまで来ると車の量も少なくてよかった。


つづきま〜す。


サンフランシスコの旅第1話から



サンフランシスコの旅第1話から



第21話:くまもと牡蠣って美味しいね


サンフランシスコから出発して

バークレーで旦那を乗せ

ナパバレーに向かった私たち

気づいたら。。。。


SF-trip20



旦那に続いて私も次女の機嫌を損ねてしまいましたが

腹が減っては何をしても楽しくない。

なのでまずはナパ市内でお昼を食べることに。


OXBOW Public Market
IMG_1007


そしてその中にあるこのお店で
IMG_1008
美味しい白ワインと牡蠣を食べた!
IMG_1010
ほら、次女の機嫌も直ったでしょ。
IMG_1009
「くまもと牡蠣」が一番美味しかった!

戦前に日本からきたこの牡蠣

日本では環境汚染で今は育たないんだとか。

アメリカのシアトル(ワシントン州)または、

カリフォルニア州で養殖されていて人気が高い。


そしてクラムチャウダーもすごく美味しかった。
IMG_1013

IMG_1014




次はワイナリーの話。。。。




サンフランシスコの旅第1話から




サンフランシスコの旅第1話から



第22話:あるワイナリーで

IMG_1418


SF-trip21

そう飲まないの!飲めないんじゃなくって

飲まないの!乳がん手術してから酒は断ちました!

と言いながら牡蠣食べた時は(その話は昨日のブログ)

旦那が白ワインがあまりに美味しいと言うので

一口飲んじゃったよ〜  でもそしたら

本当に美味しかったから後悔してないけど

で、そのワインよりここの試飲のワインが

もっと美味しいかったら味見しようと思ったけど

あまり美味しくない(結構な値段するんだよ試飲でも)

というのでここでは飲まなかったわ。


まっ、それに運転手だしね。

アメリカでも飲酒運転はいけませんよ。

でもみんなやってるけど。。。。



『だからあんたもちょっと飲む?』
IMG_1017
『いらん!』





このワイナリーを出てからもう一つ行ったのです。
IMG_1420
こんなお城みたいなところ
IMG_1419
IMG_1020
IMG_1027


一人30ドル近くとるし遅いからもう中には入らず。

IMG_1029
で、金払わないくせに

ぶどうの一房だけいただきに。。。

止めろというのに悪い父親が単純な娘を誘って。。。

結構甘かったけどやっぱり途中で捨ててました。



それにしてもちょっと内陸に入ると暑い!

サンフランシスコとの温度差に戸惑うよ。


↑このページのトップヘ