アメリカンドリーム - 4コマ漫画

アメリカ生活絵日記:現在は昔のダンナとの馴れ初めから書いてます。

カテゴリ:日本滞在日記 > 2015年:春








・・・













日本滞在つづきます。













又の名をマリオネットラインと言う





















姉と会うといつもこんな会話になる。二人はそんなお年頃(寂)

どちらも自分の方が若く見えると思っているところが救い?




この日本滞在中に旦那のいる

台湾へ行ってきました。

その話につづきます。


昨夜、台北に着きました〜*\(^o^)/*

いろいろ戸惑ってます。

一番戸惑ったのは、空港に迎えに

来ていたダンナの第一声

「すごいおばさんになったね」

ハア( ̄(工) ̄)わけわからん!

このまま折り返して帰ろか…










今日の気温は、29度。

頭痛くて体が戸惑ってる。





台湾の旅つづきます。

すごいわ〜〜〜台北都会です。

バイクが異常に多いのよ。

信号待ちしてるバイクが多くて

青になったと同時に「よ〜いどん!」って・・・

まるで毎回バイク競争してるみたい。

凄まじい光景です!

こんな光景も一日経つと

慣れちゃうから不思議





車も多い(向こうに見えるの台北101)

排気ガスもすごくて半端じゃないよ。
人も多い!!!

それに小さな食べ物屋さんが

ぎっしり!びっしり!



すごい・・・

日本の都会とはまた違った迫力がある




つづきます。



ダンナの頭が白いからこうなる・・・っていうか

もうそういう年だわね。そんなに混んでいなかったし

すぐ降りる予定だったので断っていたら、その横から

他の人がさっさと座っていました(笑)


ということで行ってきました。

日本にもある小籠包のお店『鼎泰豐』


SOGOの店内にある鼎泰豐の支店まで

地下鉄に乗って








到着!
ワクワクしながら中に入って

しばらく探したけど鼎泰豐が見つからない。


入口の日本語が話せるお姉さんに聞いたら

「SOGOはもう一つあってそちらにあります」

と言われて移動。
100メートル先にありました。

すごいねSOGO同じ場所に2軒も。

それにエスカレーターでは

日本語のアナウンスもありました。

「エスカレーターにお乗りの際は・・・」ってやつ

そして着いたらちょうどお昼で80分待ち!!

(*☼_☉*)げっ!

でもここまできたから待ちました。

まずは普通の豚肉入り小籠包


やっぱり待っただけのことはあった!

おいしい。

二つ目のは人気があると書いてあった
ヘチマと海老入り
普通の方がいいかな。


台湾レタスの炒めたのときゅうりの漬物




チャーハンも薄味で美味しかった。

でもこれは台湾で初めての小籠包なので、

次は近所の無名のお店で食べて

味を比べてみたいと思います。




つづきます。


昨晩は、アパートの近くで夕食を食べました。


大学が近いので若い子がいっぱい。


露天の食べ物屋さんがひしめき合ってる。



ソーセージ、野菜、はんぺん、鳥の足、

全てがガラスにへばりついてる(汗)

こんなにたくさんお店があるのにどこも人で一杯!

衛生面は大丈夫?って思うけどみんな気にしない模様。

と思っていると、入ったレストランでは器をナプキンで
きれいに拭いているお隣さん。思わず隠し撮り・・・

でも器を拭いている人を見るのはこれで二回目。

こんな短期間に二回も見るということは

みんな気をつけてるってことだよね。

そして私も思わず・・・



そういえばコロンバスで知り合いになった台湾の人も

自分家以外では絶対布のタオルで手を拭かなかったよ。

いつもペーペータオルだった・・・。


昨日は空芯菜、タラの魚、豆腐と豆苗のスープ

美味しかったけど、タラは味が濃かった。



今日は雨がすごく降ってます。


つづきます。

79歳の母(ばーちゃん)がアイパッドを購入して

頑張っている話をブログに書きました。

「79歳からのチャレンジ」ここ
「やる気がなくなってきた」ここ

それは私が海外に行ってもただで話ができるように

という目的もあったのです。

そして今回台湾に来てすぐに何度かメールを送ったのに

ばーちゃんからはな〜〜〜〜〜んの返信もない!



どうしたのかと思い姉にメールを送り確認してもらうと

・・・

「ばーちゃんはあんたにメールを送ったって言ってます」



「それも3回も」




でも届いてないもん。

「でも送ったって言ってます。3回」




????






どこに送ったのよ〜〜〜?




ファイスタイムしても出ないし!


そしたら姉が・・・

「ばーちゃん今テンパってると思うから

私が実家に行って確認するまでちょっと待っていてください」

とのこと・・・・




・・・

・・・

・・・

・・・


どうなってるのか知りたい!

あんなに教えたのに・・・




つづきます。


私と入れ違いで一足先に台湾観光していた幼馴染が

「世界一になったパンを買いに行くといいよ」

と教えてくれたので行ってきました。
4b2d6802.jpg

誠品生活、松菸市店の中にある吳寶春麵包店(Wu Pao Chun)

すごい人でした!台北ってどこへ行っても人人人・・そして人
(髪を切ったら「おばーちゃんにそっくり」
と娘に言われてちょっと複雑な思いの私です)

地下2階にあるそのパン屋さんには長蛇の列が・・・



台湾の食文化ってほんとうにすごいわ!



中はこんな感じ



そしておめあてのパンを探して・・・

見つけました!ライチ薔薇パン
こんなに大きい!!そして持ったら・・・


重い〜そして高い〜・・・

いくらだったっけ?

1000円以上したよ。

どうしようと思ったけど

これだけ待ったのだから買いましたがな。

カウンターで無造作に8っつぐらいに切ってくれました。




そしてこれを次の日の朝に食べ・・・


そして次の次の日の朝にも食べ・・・


そして次の次の次の日の朝にも食べ・・・




そして今朝も・・・






・・・・





きっと・・・


焼き立てだとおいしいんだろうね・・・


きっと・・・


トースターでこんがり焼くとおいしいんだろね・・・


きっと・・・


違う食べ方するとおいしんだろうね・・・


きっと・・・


・・・・


つづきます。


台北に着いた日の話。

空港から市内に着いて、

旦那と二人でレストランを探して

街をうろついていたときのこと



・・・・・・





台北に着いたばかりで、

食べ物屋の多いこと、バイクの多いこと

そして人の多いことに驚き

とっても混乱していたわたしは・・・




と、興奮した!

しかし腹ペコの旦那は勝手に

どんどん先を歩いて行っちゃう・・・

仕方なく通り過ぎることに・・・


そしたら・・・後ろから

「エリーゼのために」のメロディーと共に

トラックがやってくる気配を感じるじゃない!





なにか特別なことでもあるのかと思い

ますます興奮する私!!!

素早く振り返ったら・・





なんと、さっきまで歩道に並んでいた女性たちが

そのトラックに群がって行くではないか!!


絶対、絶対、何かおいしいものだ!

そう思った私は旦那を無視して

そのトラックに近づいた!



そしたら・・・





なんとそれは!

ゴミ屋さんの車だった・・・


・・・・


・・・・



なんかまた混乱・・・


・・・・






そして混乱マックス!

なんで?

なんで?


アパートに着いてからさっそく検索。

そしたら・・・


指定されたビニールに入っていないとダメなので

ちゃんと係りの人がチェックしているのだとか

ほぉ

あの「エリーゼのために」のメロディーが

合図なのでそれを聞いたらみんなが一斉に

ゴミを出しに来るのだとか・・・

ほぉ

出せない人の代わりにゴミ出しする

仕事もあるのだとか・・・

ほぉ

ほぉ

ほぉ〜〜〜〜


所変わるといろいろな驚きがある・・・



(慌てて撮ったよ写真)


でもこれっていいことだよね。

みんながゴミに責任を持つようになって。




*****




そして




今も毎晩このエリーゼのためにを聞いている・・・


でも残念なことに初めのような興奮は・・・ない。





つづきます。


水曜日の話


旦那が講義する国立台湾大学の人たちと

ダックを食べに行くことになった。


大学の周りにはたくさんの食べ物屋がある

にもかかわらず、わざわざ地下鉄で3駅向こうの

中世記念堂の近くにあるお店まで行くという。

それはさぞ美味しいにちがいない!




わ・た・し・は



期待した!


そして雨の中、目的地に到着

中は結構混んでいた・・・これは美味いってサインだよ

みんな10人で円テーブルを囲んで会食。

全て幹事さんが注文してくれました。





しかし心の中では







もちろん言わないよ。だって

もしかしたら私の味覚が

間違っているのかもしれない。

旦那にも何も言わなかった。

だってこういうときに

文句・・・じゃなくて事実を言うと

旦那嫌な顔をするからね(笑)



そして二日後、金曜日の夕方になったら旦那が。

「もう一人の人があのダックのお店は

美味しくなかったから、今日は

あの幹事を抜かして少人数で

違うところに行こうと誘われた」

と言うじゃないの・・・




と本音を・・・そしたら・・・



何を言うか自分だって同じこと思ってたくせに!




ということで今度は違うお店へ・・・GO

そこにも小籠包があるというので有名な鼎泰豊

の小籠包(この話はここ)と比べてみます。


長くなったのでその話はまた明日・・・


つづきます。

↑このページのトップヘ