アメリカンドリーム - 4コマ漫画

アメリカ生活絵日記:現在は昔のダンナとの馴れ初めから書いてます。

カテゴリ: 出会い〜結婚まで

それは数十年前のある日のこと


大学を卒業してすぐに、某大学で

事務員として働き始めたばかりの私は

この日初めて旦那に会ったのだった。


9-10-2019AD-begins2

この頃旦那は、1年の半分をアメリカで

そして残りの半分は日本で教えていた。

9-10-2019AD-begins2

9-10-2019AD-begins2-2

だってあの時の旦那は。。。

9-10-2019AD-begins2


と、思ったわ。



もうなんか昔の話だけど笑えてくる。

これ書いてたら隣で旦那が怒ってるから

次回は旦那が私に初めて会った時の衝撃を

お伝えしたいと思います。


第2話へつづく


第1話から読む







〜第2話〜




私が旦那に初めて会った時の話は
1

2日前の第1話に書いたけど

実は旦那が私を初めて見たのは

もっと前だった。



それは私が働き初めて直ぐの頃で

教官そして大学院生が参加する

教室会議という大きな教室でのことだった。



男が圧倒的な数の理学部だったからね

「女」そして「若い」ってだけで

みんな盛り上がっていたらしいよ...


9-12-2019AD-begins3



かわいそうはかわいいの始まりさ!



悪い印象だろうと、良い印象だろうと

印象を受けた(受ける)ということが

恋愛では大事なことなのだ。


だけどここからどう発展した???

第3話へつづきます。


第1話から読む



初めから読む



〜第3話〜




事務員の私M子と教官の旦那S郎とは

あれ以来顔を合わせることもなく

数日が過ぎていった。


そしてそんなある日




9-13-2019AD-begins4


4コマだとなかなか進まなくてすみません。



しかしこうやって昔のことを

思い出しているとテクノロジーが

どれだけ急激に発達したかに驚く。

もうすっかり忘れていたあの頃の不便さ

十円玉だよ、十円玉、笑える。。。

だけどなんだか懐かしい。。。




第4話へつづきます。



第1話から読む

初めから読む



〜第4話〜




事務室からこっそり抜け出し

彼氏に私用の電話をしに行った

とき。。。。

9-14-2019AD-begins5
ダンナS郎教官が

偶然横を通りかかった。


そして。。。


9-14-2019AD-begins5


なんのために?


第5話へ続きます。


第1話から読む



第1話から読む



〜第6話〜




仕事中。。。


1


2



しかし。。。。



3


気のせい?



第7話へ続きます



第1話から読む




第1話から読む



〜第7話〜



9-17-2019AD-begins8


という何十年も前の話を






1


知らんかった!

そんなことを影でこっそり

言われてたなんて!

今まで知らんかった。



馴れ初め書くために

あの頃の話を思い出そうとして

ダンナに何気に聞いたら発覚した!


私にはいつもニコニコしてたのに

恐ろしいわ。。。。



第8話に続く


第1話から読む







第1話から読む



〜第8話〜





前回、第7話では

ダンナS郎が春子ママM子の悪口を

さんざんBさんから聞かされていた。



そんなある日のこと。。。


9-18-2019AD-begins9



9-18-2019AD-begins92




Bさんの陰口作戦はどうも

裏目に出始めたようだった。


第9話へつづく。。。

第1話から読む




第1話から読む



〜第9話〜




9-19-2019AD-begins9


S郎に憧れ、M子を勝手に自分の

恋敵と思い込みいつも監視しているから

どこにでも現れちゃうよ。。。Bさん

9-19-2019AD-begins92


地に足が付いてなく落ち着きのない女を

教育しようとでも思ったのかダンナS郎、

教師は天職だったんだね。



ところでこの時の本は

”田辺聖子”の本だったんだよ。

そして題はね。。。

あっ。。。。ダメだ。。

私もダンナも思い出せない

あまりに昔の出来事すぎて。。。





第10話へ続きます。


第1話から読む




第1話から読む



〜第10話〜



1



だから事務員も多少の英会話が

できないといけない!

と、やる気のある事務員が発足して…


2


3


英語は大の苦手だったし

勉強もしなかった。というか

勉強しないから苦手になった。

だからそんなものは生きてく上に

必要ないと勝手に思い込ませていた。


そんな怠けた生き方をしてきたから

ついにこの辺りから神様が

試練を与えだしたようだ。。。

4



第11話へつづく


第1話から読む



↑このページのトップヘ